ふるさと納税「北海道余市町」マイクリNFTに悩む

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

ついに出ましたね、

ふるさと納税でNFTを選択できるそうで。w

 

場所は、ワインで有名な? 北海道余市町、

NFTは、マイクリで使える武器として。

 

節税しながら、NFTも悪くないかも?

中身を確認していきます。

 

ふるさと納税×マイクリで使えるNFT

 

PR Timesより

>>北海道余市町、あるやうむ、MCH、ふるさと納税において、全国初となるゲーム内で利用できるNFTの返礼品を提供開始

 

へー。

北海道 余市町(よいちちょう)のふるさと納税で、NFTを選択できるみたい。w

 

しかも、そのNFTは、

  • ブロックチェーンゲームの「My Crypto Heroes」

の武器として使える。

 

通称、マイクリだね。(あるいは、MCH。)

2018年から、遊んでいるゲームで。

 

NFT市場で、売買できるので、

節税しつつ、デジタルアセットとして保有できるのかー

 

面白いじゃん!!

 

寄付金額と貰えるNFTは3種類

 

それぞれ寄付額は↓

  • 名産ワイン (NFT)…20万円
  • 赤アイン (NFT)…3万円
  • 白ワイン (NFT)…3万円

 

ん、現物のワインは、送られて来ないみたい。w

となると、NFTの武器としての強さか。

  • 名産ワイン(Legendary): 最大発行数20枚のみ: 回復とダメージ
  • 赤アイン(Epic) : 最大発行数100枚のみ: ダメージ
  • 白ワイン(Epic) : 最大発行数100枚のみ: 回復

 

絶妙だね。w

個人的には、攻撃系のアイテムが少ないので、赤ワインが良いかな。

コスパ的にも。

まあ、飲むなら、白ワインの方が好きなんだけど。

 

…やっぱり、現物ワインも欲しくなるわ!! w

まあ、金銭的なメリットがあれば良いのか。

 

ということで、今の市場を確認すると↓

 

Openseaでのフロア価格

NFT220623-2

引用…https://opensea.io/collection/mycryptoheroes

 

あへ、

ちょうど今は、LegendaryのExtensionは、市場に出回っていないみたい?

 

けっこうレアなのかも?

適当に選択したアイテムの履歴では、3年前に4ETH以上で売買されており。

 

んー、3年前なんよね。

ここ数年は、活発に売買されていない…?

あ、検索方法を変えればいいのか↓

NFT220623-3

引用…https://opensea.io/collection/mycryptoheroes

 

Recently soldにて。

お、13日前に、売買されてんな。

左上のドラゴン!!

 

金額は、

  • 0.0905 ETH

 

円にして、

13500円くらい。

 

んー、安いな。w

よくて、0.7 ETH →10万円くらいか。(隣のアセット。7カ月前。)

 

今は、ETHが安くなっているので、参考までだが、

流動性は低そうね…

 

20万円(Legendary)は、見送ろうか。

一方、EPICは。

 

NFT220623-4

引用…https://opensea.io/collection/mycryptoheroes

 

金額に幅があり、

  • 0.005ETH ~ 0.1ETH (750円~1.5万円)

といったところ。

 

幅がありすぎて、ムズイね! w

 

将来、マイクリがブームになって、NFT価値が高騰する可能性はあるものの、今回は、見送りかなー。

ふるさと納税は、例年通りのお肉などで、食卓を潤わす方が良いかもね。

 

おわりに

 

以上「ふるさと納税「北海道余市町」マイクリNFTに悩む」でした。

 

全国初となるブロックチェーンゲーム内で利用できるNFTの、ふるさと納税だそうで。

日に日に、NFTが生活に馴染んできていますね。w

 

今回は見送る判断としましたが、返礼品+NFTが近いうちに出てきそうな気も。

楽しみです。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です