2021/10/21 nk225プットレシオのエントリー

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

nk225、レジスタンスラインで見事に失速。

大きく値が動いたことから、日経225オプションのポジションを新規に建てました。

 

アウトオブザマネーのプットショートを軸にしたスプレッドです。(これで両建てスプレッドです。)

これは、中級~上級者向けなので、初心者はスルーしてください。

とみます
この内容は「オプショントレード」についてです。

 

nk225オプションのエントリーログ

nk225option_211021-1

↑nk225の日足チャート。

縦の赤線は、SQ日を示している。

 

2日前。

>>利確の売りと、新規の売りも入りそうなので、上値は重いと見ている。

 

早々に、想定通りの展開となり。

むしろ、思ったよりも、値が落ち。

 

コールのプレミアム価格も落ちたので、含み益は増え。

いつでも利確できる状態に。(反発が無い限り、SQ日の消滅狙いでも、行けそうなくらい、nk225は弱い?)

 

一方で、次のSQ日は、11月12日。(毎月の第2金曜日)

SQ日までの期間は、とても長い。

 

そのため、

今回の下落を受け、アウトオブザマネーの11月プットのプレミアム価格が暴騰し。

 

そこで、かなり遠めな、

  • プットレシオ

を仕掛け↓

 

プットレシオスプレッドのエントリー

10/21 11月-P24250 買 26円×1枚 +26,220円
10/21 11月-P24000 売 21円×2枚 -41,780円

 

プットの場合、コールと比べて、

隣接した権利行使価格の、価格差異がとても小さく。

 

今回も、レシオスプレッドを選択した。

(ただし、ショート枚数が多いので、扱い方には注意を要する。)

 

ざっと、説明しておくと、nk225が次のSQ日(11/12)に、

  • 24250円を上回ると、プレミアム価格差異の約1.5万円が利益。
  • 24000円~24250円の範囲内に入れば、約1.5万円+αの最大利益。
  • 24000円を大きく下回れば、大損失!!

といった、ポジション。

 

最大リスクは、4500円以上の大暴落が来ること。

だが、強く機能しそうなサポートラインが1つあるので、そこまで下がらないとみた。

 

まあ、何が起きるか分からないのが相場。

仮に、大暴落が発生しそうなタイミングで、(=今回の場合は、サポートラインを抜けたら真空領域。)

  • 売り建てを1枚捨て、買い優勢のポジションに変える
  • 全てのポジションを切る

ことを、頭の片隅に入れておき。

 

nk225の今後の相場観

nk225option_211021-2

↑nk225の日足チャート。

 

いつものように、3つのシナリオを。

  1. レジスタンスラインへの再アタック。一度売られているので、直ぐには戻らなそう。
  2. 旧高値切り下げラインで、揉み合い。方向感が出ないで、ヨコヨコ→プレミアム価格が剥げるので、美味しい。
  3. サポートラインの攻防戦。ここを抜けたら、落下速度は増していくだろう。→プットレシオのポジション調整を視野に。SQ日までの残り時間などを鑑みながら。

ってな感じ。

 

直近は、節目の中心にいるので、どちらに動いても余裕があり。

節目ラインが攻略され始めるまで、ポジションを維持したままで。

 

おわりに

 

以上「2021/10/21 nk225プットレシオのエントリー」でした。

 

コールレシオとプットレシオの両建てにしました。

理想は、一時的に高くなったボラティリティが下がることだが…

 

どうなることやら。

気長に検証していければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です