【24年06月】日経オプション取引結果「33,240円」(月利+3.3%)

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

6月のSQ日が過ぎました。

ここ1ヶ月間のnk225の推移は、動きの少ないレンジ相場で。

 

そんな中、今月のトレード数は、スプレッドベースで2回。

月利1%の運用を目指しているが、今月の結果はいかに?

 

オプション取引は中~上級者向けですが、初心者にも分かるようにトレードの詳細を残しておきます。

 

日経225オプション取引×はじめに

 

私なりの運用方法を、簡単に↓

  • 元手130万円。(60万円から始めて、追加で+70万円の資金を入れた。)→現在100万円 (泣
  • 月利1.0%」が目標。証拠金や時間に余裕があれば、トレード回数を増やす。
  • 売りを仕掛けるので、初心者にはおススメできない
  • カプランのオプション売買戦略」を読んで独学。
  • ここ数年間、この本に書かれたスプレッドの取引を検証してきた。
  • 自分に合った取引を見つけること 、Myルールへ落とし込み中…

 

簡単にいうと、

  • 日経平均株価(nk225)がどこまで行かないか

を予測し、月数回の取引を行うトレードを行っている。

 

会社員なので、お昼休みの僅かな時間にチャートを確認し、

日足→4時間足チャートを見て、タイミングが来たらエントリー。

(デイトレードでは無く、スウィングトレードだ。)

 

タイミングが来なければ、無理に、ポジションを持たない。

売りのポジションを失敗すると、死ぬから。

追証(おいしょう)と言って、追加資金が必要になることも。

 

市況の読みと、リスクをコントールできるように、鍛錬しながら。

→言っている傍から、去年の6月、死にました。orz

 

今は、残った証拠金で、トレードしている。

ちょうど100万円なので、利回りの計算がラクだねー、トホホ。

 

日経225の環境認識

 

まずは、日経225の日足チャートを見ていこう↓

 

nk225の日足チャート

nk225option_240618-1

↑クリックで拡大できる。

赤色の縦線は、SQ日を示している。

 

今月のnk225の推移としては、変化幅の小さいレンジ内の値動きとなった。

そんな中、いつもの通り、アウトオブザマネーを仕掛けを↓

  1. レジスタンスライン付近で、コールレシオ
  2. 反落後、また上昇してきたときに、同じレジスタンスラインで、もう一度、コールレシオ

 

今月のトレード数は、計2回だった。

それぞれを詳細に振り返ってみよう。

 

①バーティカル・コール・レシオ・スプレッド

5/20 06月-C42000 売 43円×2枚 +85,780円 5/27 返済買 10円x2枚 -20,220円
5/20 06月-C41750 買 56円×1枚 -56,220円 5/27 返済売 13円x1枚 +12,780円

小計 +22,120円

レジスタンスラインに近づいている時に早めのアウトオブザマネーのコールショート。

ヘッジとして、権利行使価格の低いコール1枚をロングした。これが、すなわち、コールレシオである。

 

予想が的中し、

nk225は、レジスタンスラインに到達する手前で、失速。

 

プレミアム価格が十分に下がったので、利確した。

1週間で2万円は嬉しい!!

 

②バーティカル・コール・レシオ・スプレッド

6/4 06月-C40625 売 26円×2枚 +51,780円 6/6 返済買 8円x2枚 -16,220円
6/4 06月-C40500 買 33円×1枚 -33,220円 6/6 返済売 9円x1枚 +8,780円

小計 +11,120円

その後、nk225は、サポートラインで反発。

また、レジスタンスライン近くまで上昇してきた。

 

前高値は意識がされやすいので、また反落すると予測し、

再度、似たようなコールレシオを仕掛けた。

 

権利行使価格が低くなっているのは、SQ日までの残期間が短くプレミアム価格は下がっているものの、リターンがぎり狙えたから。

結果、その後、レジスタンスラインで揉み合って、プレミアム価格は急落。

 

想定利益の上限があるので、こっちも早々に手仕舞った。

 

今月は、レンジ相場で、穏やかに利益を伸ばせたね。

 

2024年06月の運用成績

 

  1. バーティカル・コール・レシオ・スプレッド、+22,120円
  2. バーティカル・コール・レシオ・スプレッド、+11,120円

合計 +33,240円。

 

元手100万円に対して、月利3.3%。

目標の1%を裕に達成できたね。

 

この調子でムリすることなく、自分のペースで続けていければ。

 

累計の日経225オプション取引成績

 

これまでの年損益↓

  • 2019年 -26万円。
  • 2020年 +33万円。
  • 2021年 +22万円。
  • 2022年 +12万円。
  • 2023年  -67万円。
  • 2024年、???

通算 -26万円

 

2024年の詳細↓

  • 1月、 +36,120円 (+3.6%)
  • 2月、 +10,560円 (+1.0%)
  • 3月、 +27,680円 (+2.7%)
  • 4月、 +32,020円 (+3.2%)
  • 5月、 + 7,073円 (+0.7%)
  • 6月、 +33,240円 (+3.3%)
  • 7月、
  • 8月、
  • 9月、
  • 10月、
  • 11月、
  • 12月、

今年の累計は、+146,693円。

 

2024年も、折り返し地点で。

去年と違って、今のところ順調です。

 

これまでの連勝記録を伸ばせるかも?

負けないトレードを確立していければ。

 

日経225オプション取引の始め方

 

念のため、始め方↓

  1. 証拠金「60万円」の用意 (目安)。
  2. オプション口座を開設する。
  3. カプランのオプション売買戦略を買って、組合せ(スプレッド)戦略を学ぶ。

 

カプランの売買戦略は、実践的な内容が多く、付加価値が高い。

が、値段も高い。中級~上級者向け。

 

証券会社は、取引手数料の安いところで。

 

チャート分析は、XMのMT4を使用している。

>>XMで2回目の30ドルゲット

 

トレードの基礎は、まるで受験勉強の赤本で。

>>先物市場のテクニカル分析

 

おわりに

 

以上「【24年06月】日経オプション取引結果「33,240円」(月利+3.3%)」でした。

 

気付けば、大損失した23年6月から1年が経過しました。

そこから損失は無く、負けなし記録も1年ですね。

 

この調子で、株価指数が上がっても下がっても、安定的に収益が出るように鍛錬していければ。

それでは、また。

 

人生を変えるたった1つの銘柄

詳しくは動画を見て欲しいが、

・この企業は、新薬開発を効率化するAI技術に特化している。
・バファリンを開発しているブリストル・マイヤーズ社が、この企業に1800億円を払って、大型パートナーシップを締結した。
・日本では、住友大日本製薬とも提携している。通常4年半は掛かるが、1年足らずで臨床試験に持ち込んだ実績あり。
・2023年9月、メルクとの協定。契約時に前受金30億円を獲得、目標を達成した際の報酬は最大1000億円。

2024年の7月4日のブログの通り、この株を仕込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です