【オプション取引活用術(本)】4つのギリシャ文字リスク

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

ビジネス教育出版社が発刊した、石原健次郎さんの本を、メルカリで購入しました。

2014年の本ですが、後半に、オプション取引の基礎が書かれています。

 

実践的よりかは、基礎的な内容です。

が、売買をしていく上で、とても重要なことも。

 

苦手なギリシャ文字を、学んでいきます。

とみます
この内容は「オプション取引活用術」についてです。

 

メルカリのキャンペーンを利用して

 

たまに、メルカリのキャンペーンとかで、500円をゲットできる。

先日、500円を付与されたので、本を探していると…

 

お、

  • オプション取引活用樹

を発見。

 

定価1,600円のことろ、600円!!

500円、差し引いて…

 

実質、100円!!

早速、購入。

 

ちなみに、招待コード「SFVSZZ」入力すると、「300円」ゲットできるので、まだインストールしていない方は、ぜひ。

>>https://www.mercari.com/jp/dl/

 

オプション取引活用術/石原健次郎 著

Jpeg

 

お、想像以上に、きれい。

(オプション取引をやっている人に、悪い人はいない。)

 

これまで、

  • カプランの売買戦略

を片手に、日経225オプションの売買を実践してきた。

 

が、さすがに…

  • 基礎本も、あるといいな

ということで。

 

2週間前に購入し、しばらく、

  • 積ん読 (机の上においてあるさま)

していたのだが…

 

VIXゼミに、強者二人が参加

 

ブログを通して、多くの交流に感謝。

そもそも、VIXに興味を持たせてもらったのも、このブログがきっかけ。

 

なかなか、オフラインの世界で、

  • 金融リテラシーに、高い人に知り合える

ってないじゃない。

 

んで、個人的な勘だが、金融リテラシーを突き詰めると、

  • VIX×オプション取引

に辿りつくような気が。

 

実際、トレードしている人に感化され…

ちゃんと、基礎を固めようと !!

 

ってことで、

ふと、目の前にあった本が、この本。

 

パラパラっと~

お、ここ、ここ。

 

オプション価格は何によって決まるのか

Jpeg

↑p123。

 

オプション価格に直接影響する要因として、

  • 原資産の価格
  • ボラティリティ
  • 期日までの日数
  • 金利
  • 配当

の5つ。

 

これらを用いた数式から、オプション価格が決定する。

 

まあでも、ざっくり言ってしまうと、

  • 究極的には、人間の思惑から、決まる。(結局は、需要と供給?)

 

なんだけど、これら5つが、指標になるのも、確か。

ちゃんと、フォローしつつ。

 

原資産としては、

  • 日経225→日経225オプション
  • VIX→VIX系銘柄オプション
  • 株式→株式オプション
  • 商品(金や銀など)→商品オプション

などなど。

 

国内の場合、

日経225オプションがメジャーなところ。

 

もっと極めると、VIX×オプション?

なので、今は、オプションとVIXを、別々にトレードしている。

 

今年の夏、

  • 予定通り、夏ボーナスが入れば…

 

いざ、メジャーリーグIB証券へ?

妄想を膨らませつつ、地を固めつつ。

 

4つのギリシャ文字リスク

Jpeg

↑p135。

 

それぞれ

  1. デルタリスク
  2. ガンマリスク
  3. ベガリスク
  4. セータリスク。

 

(ちなみに、カプランの売買戦略には、これらは、詳細に書かれていない。)

 

この本、曰く、これらの情報は、

  • 保有しているポジションに対し、どれだけ儲かるか、または、損するかを予想するのに役立つ。

とのこと。

 

なーる。

それぞれをサクッと。

 

①デルタ

 

オプションの価格変動リスク。

  • 最も、注意を払う必要がある

らしい。

 

数式は、

  • デルタ=オプション価格の変化額/原資産価格の変化額

 

たとえば、コール

  • アウトオブザマネー→アットザマネー→インザマネー

になった際は、

  • 0.1→0.5→0.7

みたく。

 

なーる。

アウトオブザマネーを売って、インザマネーになると、やばいやつね。

 

その寄与度が、数字からわかるのか。

 

②ガンマ

 

さらに、その変化度を指標にしたのが、ガンマ。

 

数式、

  • ガンマ=デルタの変化/原資産価格の変化額

 

これが小さいと、アウトオブザマネーで売っていても、安心的な?

(必ず、ヘッジは入れつつね。)

 

③ベガ

 

ベガは、IVの変動によりオプション価格が変化すること。

 

IVとは、

  • インプライド ボラティリティ (Implied volatility)

の略で、統計的なモノサシ(標準偏差)を用いて、将来の原資産の価格変動を表したもの。

 

日経株価が暴落→IV大きく上がる。

日経株価が暴騰→IVは上がるけど、暴落時ほどではない。

 

プットの方が価格が高い理由は、このIVにあるってわけね。

ふむふむ。時間があるときに、数式を…

 

④セータ

 

セータとは、時間の経過によるオプションの価値が減少すること。

お、いつも、タイムディケイ(時間価値の減少)って、言っているやつか。

 

満期が近づくと、急激に減少する現象で、その度合いを表しているのかな。

ちなみに、アットザマネーに近いほど、その度合いは大きくなる。

 

なので、基本は、売り戦略。

が、だからといって、近すぎると、インザマネーになるし…

 

そのバランスをどう取るかが、個人投資家のスキルってとこかな。

 

組合せは無限大。

エントリーやイグジットの裏付けとして、ギリシャ文字で、ちゃんと説明できるようにしつつ。

 

おわりに

 

以上「【オプション取引活用術(本)】4つのギリシャ文字リスク」でした。

 

普段見ている、オプション価格の変動を因数分解した感じですね。

それぞれの因子を理解できれば、トレードの実践に役立つこと間違いなし?

 

1日1%自分アップデートを続けていきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「943名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です