1-11 究極の海外不動産投資とレバレッジ

こんにちは、

今回は、「究極の海外不動産投資」を参照しました。

この本では、先進国としてアメリカ、新興国としてマレーシア、タイ、フィリピン、カンボジアの不動産について書かれています。

 

また、不動産購入の手続きや税金は、国によってそれぞれ異なるのですが、その概要も説明されており、知らないことが多いことに気づきました。

 

結果ですが、

 

「読んで、どこの国に魅力を感じたか」

 

私はアメリカの不動産投資に魅力を感じました。

 

なぜなら、

 

アメリカは先進国でありながらも人口が増加していること、

 

不動産の購入前・購入後の売買インフラが整っていること、

 

物件の情報量や実際の投資実績が多いためです。

 

新興国には新興国なりの魅力もあるのですが、

 

継続的な投資やインカムゲインを狙うには、

 

やはりアメリカは優れていると考えています。

 

話は逸れるのですが、私はアメリカに1ヵ月程度の滞在経験があります。

 

その時に感じたのですが、この国にはアジア系の人が多いことにびっくりしました。

 

キャンパスがある街だったのですが、近くのカフェでコーヒーを飲みながら中心街の人通りを眺めてみると、歩く人の三分の一がアジア系の人なんです。

 

その時に「この国は、世界から人が集まるんだなー」と感じたものです。

 

 

3回に渡り、不動産投資を調べてみました。

 

実際に不動産を購入したりするのは、現状の私には難しいと判断します。

 

というのも、初期費用があればるほど、不動産投資は有利だと感じたためです。

 

現状、私には初期費用の少なさが課題となっています。

 

「じゃあどうしよ?」

 

と考えていると、ある本が目につきました。

 

「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」です。

この本では、「レバレッジ(てこの力)を上手く使え」とあります。

 

なぜなら、「目標を早く達成することができるため」らしいのです。

 

また、この本で面白いなと思ったのは、紙の資産のレバレッジについて。

 

その一つに、「オプション取引」というものがあり、ヘッジをしながら(防護策をとりながら)資産を築ける」とありました。

 

紙の経験は、少なからずあるので、再度、紙について、考えていきます。

 

特に、「オプション取引」について勉強していきます。

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「15%」とのことでした。現在、55人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です