ピクミン4にハマる四歳長女の考察

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

早いもので、長女が年中になりました。

最近は…ゲームに夢中で。

 

親の子ですね。w

昔、ピクミンは恐かった記憶があるのですが、ピクミン4は大分カジュアルになってました。

 

引っこ抜かれて~、あなただけに付いていく~

今日も運ぶ、戦う、増える、そして食べられる♪

 

娘がピクミン4にハマった経緯

 

スマホのアプリゲーム

  • ピクミン ブルーム

 

嫁が幼稚園のママ友から

  • ピクミンやらない?

言われたのがきっかけ。

 

このスマホゲームは、

ポケモンGoみたいに、現実世界を歩くと、苗を拾えたり成長したりできる。

 

それが発展して、

ママがピクミンに興味を持って、Switchのお試し版をプレイしていると…

 

  • 私もやりたい!

と言い始め。

 

そこで、近くのゲオで購入。

それが思いのほか、夢中になっているので、考察していこう。

 

カジュアルで幼児でもプレイしやすい

 

私がピクミンをやったのは、発売日を見る限り、小6か中1くらい。

当時の記憶では、ホラーゲームと思うほど、恐いトラウマしか残っていない。w

 

時間制限があるし、

集めたピクミンは、気持ち悪い敵に喰われるし、

アイテム集めが、とにかくしんどい。

 

仕掛けを解くのも複雑だし、敵の分析も大変だし、

難易度は高かったようにも。

 

ん、なんで、年小の娘がハマっているんだろ? w

  • パパこのボスやっつけて~

 

と言われるようになり、

最近は、ボス戦が続き。

 

ん、こんな機能あったか?

と思う仕様がチラホラ。

 

  • やられても、時間戻しができて、ピクミン数が復活する。
  • そのため、ボス戦も何度でもやり直せる
  • 事前に地図が薄っすらと見れる

 

幼児でもできるような仕掛けがあったわけね。

さすがの任天堂だわ。

 

問題解決能力が育つ?

 

最初は、ピクミンが全滅して、泣いていた娘。

今では、迷路のようなダンジョンをスイスイと進めるようになっており。

 

ボス戦やダンドリ戦は、まだ攻略できないので、

その時になると、パパママにお願いする模様。

 

ふと目をやると、

  • 地図を開いて、場所を確認したり、
  • 色の違うピクミンを選んだり、数えたり、
  • ダンジョンの仕掛けをくぐり抜けていたり。

 

成長が早いね。

  • どうやってボスを倒すの?

と聞くと、

  • ベロベロを避けて、オッチンで突進して、ピクミンいっぱい投げて、倒すのよ

 

なぜか、攻略方法を知っている。w

これは、Youtubeのアーカイブ配信を何度も見ているからか。

 

私が、

  • 在宅勤務のときも、
  • ブログ執筆のときも、
  • 3Dプリンターの図面を描いているときも、

Youtubeを見ているか、ゲームをしている…

 

最近、しまじろうの子供チャレンジのタブレットが届いたんだけど、全然やらない。

そこで、オモチャを売りにやらせてみると、どうも簡単すぎるっぽい。片手でぺって感じ…

 

なるほど。

難易度的に、ピクミン4がちょうど良いのか。

 

ほどよい課題があって、その攻略に手応えがある。

よう、考えられとるわ。

 

もう直ぐ、全クリしそうだけど、その後はどうするのかな、観察していければ。

 

おわりに

 

以上「ピクミン4にハマる四歳長女の考察」でした。

 

赤ピクミンは火に強い、青ピクミンは溺れない♪

時代によって、耳に残る歌も変わっているのですね。w

 

まさか、20年を経て、ピクミンをやる日が来るとは。

それでは、また。

 

プレゼント特典‼ 動画視聴で35万分を貰っちゃおう

新NISAを学べるバフェッサ無料講座!!
メアド登録するだけで35万円分相当の特典が貰えるので、お忘れなく。
2倍速でも確認できるので、投資に興味のある人はご確認あれ。

ピクミン4にハマる四歳長女の考察” に対して 2 件のコメントがあります

  1. あおぞら より:

    私もピクミン第一世代ですが、今はピクミンブルームをウォーキングのモチベーションとして、毎日ピクミンと戯れています!

    1. とみます より:

      おぉ、あおさんもブルーム散歩でしたか!
      幅広く人気ですな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です