PsyOptionsとは、実際にETHのプットを売ってみる

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

PsyOptionsとは、

  • Solanaブロックチェーン上に構築されたアメリカンスタイルのオプションプロトコル

のこと。

 

暗号資産を使ったオプション取引、さらに、アメリカンスタイルを探していると、このDeFiに辿り着いた。

まずは、簡単な取引の確認から。

 

PsyOptionsとは

 

公式サイト

 

PsyOptionsは、

  • Solanaブロックチェーン上に構築されたアメリカンスタイルのオプションプロトコル

と書かれており。

 

これまで、イーサリウムネットワークの場合、Gas料金が高く、まともにトレードできない…

また、Deribitは、オプション取引所として、有名どころであるが、日本からの登録はできない。

 

そんな背景があって、これは、良いかも!! と思った次第。

Solanaブロックチェーンの手数料は、かなり安いし、トランザクション処理が早い。

 

さらに、アメリカンスタイルは、日経225オプションのように、SQ日前に決済ができるので、取引の選択肢が増える。

これは、オプショントレーダーにとって、重宝しそうね。

早速、使ってみよう。

 

ちなみに、Psyは、プサイの読み方で良いのかな、

PsyOptions=プサイオプションズ?

 

板を確認しよう

 

Marketsは、ここから確認できる。

 

psyoptions220211-1

引用…https://trade.psyoptions.io/

 

↑ETHのコールとプットの板が並んでおり。

 

お、流動性がありそう?

でも、スプレッド広い…

これは、マイナー原資産のオプションあるあるか…。

 

ざっと、選択項目として、

  • 期限: 今は、2週間後の2/25を選択している。最大で2027年満期も。w
  • Size: 今は、試験向けに最小の0.1を選択している。というか、0.1しか選択できないので、枚数で調整するといったところか。
  • Pair: 今は、ETH/USDCを選択しており、他には、BTCやSOL。

 

まあ、パッと見た感じ、他の通貨の板が薄いので、ETHの一択になるだろう。(BTCは権利行使価格の間隔が広すぎる。)

試しに、プットを売ってみようか。

 

ETHのプットを売ってみよう

psyoptions220211-3

 

  • 2週間後のETHは、$2000 に行かないと想定し、
  • 0.31 のプレミアム価格で、プットを売ってみた。

 

約定しない場合は、Mintになるっぽい。

一回これで、トランザクション処理してみたが、しばらく待ってみたが約定しなかった。買う相手がいないのだろう。

→Open orderのところで状況を確認でき、注文の取消をできた。

 

結局、板のある、

  • 0.21ドル

で、即時約定する内容で、トランザクション処理を行うと。

 

psyoptions220213-3

↑2日後の確認。

ETHの値動きがほとんど無かったため、僅かに、プレミアム価格が下がっており。

 

unsettled fundsのところに、ポジションを確認できる。

あ、そういえば、売ったのに、プレミアム価格を受け取っていなかった。

 

この、Settle Fundsにて、受け取れるのかな。

 

トランザクション処理を行うと、

  • 0.21ドル→0.19ドル

を受け取ることができ。

僅かに下がっているのは、手数料だろう。

 

んで、このポジションは、どうやって、決済できるんだ。w

アメリカンスタイルなので、途中で決済できるはずなのだが…

 

今のところ、

psyoptions220213-5

Portfolio→Written Optionsのところで、保有ポジションを確認できるが、Actionの項目に何も表示されておらず。

(ちなみに、1取引に対して?、200USDCが証拠金として、ロックされる。)

 

んー、どうなってんだろ。

 

ホワイトペーパー

を、もうちょい読み込むか。

 

まだ、ヨーロピアンスタイルなのかな?

とりあえず、満期まで、様子みていく感じで。

 

PSYの価格

psyoptions220213-6

引用…https://coinmarketcap.com/currencies/psy-options/

 

ガバナンストークンとして、

  • PSY

が発行されており。

 

記念に、今の価格も、スクショしておこう。

  • 金融機関などで使われるようになれば、流動性UP→独自トークンの価格上昇

に期待できるけど、どうなることやら。

 

気長に、今後の値動きにも注目しつつ。

 

おわりに

 

以上「PsyOptionsとは、実際にETHのプットを売ってみる」でした。

 

これまでの金融システムがスマートコントラクト上にシフトしており。

あと、数年経てば、ライフスタイルの一つとして、使える時代になるかもですね。

 

まだまだスプレッドが広いので、安定的なマネタイズは難しいかもですが、情報のアップデートを続けていければ。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です