【4つのクワドラント】金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントとは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

前回、日本株のみでは、経済的自立を達成するのには、厳しいということが分かりました。

そこで、他の方法を探索しています。

 

ん?

気になる本が。

 

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」です。

サクッと、まとめておきます。

とみます
この内容は「4つのクワドラント」についてです。

 

原点復帰に「金持ち父さん」

 

「お金」と「時間」に限りのある私にとって、

「手間」と「時間」のかかる日本株の売買運用では、目標を達成することが難しい。

>>株マイルールに基づき、3銘柄10万円以下で検証した結果「私には向いていない」

 

さっそく、行き詰る。

 

こいういうときは…

ふと、隣の本棚に目をやると、ある本が目についた。

 

「金持ち父さん」の「キャッシュフロー・クワドラント」

↑(画像クリックでAmazonサイトに。)

 

「金持ち父さん」にも、色々なシリーズが。

今回はなぜか「キャッシュフロー・クワドラント」に目が付いた。

 

「何かしらのキャッシュフローで、月利4.4%を達成できないのだろうか。」

この直感を元に、読み進めていく。

 

キャッシュフロー・クワドラントとは

 

そもそも「クワドラント」とな何か。

クワドラントとは「4つの象限」のこと。

 

ノートに書いてみる↓

Jpeg

 

父さんいわく「4つの異なる人間に分けられる」。

 

それぞれ、

  • E…Employee (従業員)
  • S…Self-Employee (自営業者)
  • B…Business Owner (経営者)
  • I…Investor (投資家)

 

「お金がどこから入ってくるか」

を基準に、4つの区分に分けられる。

 

それぞれ、

  • E…「給与所得」
  • S…「自営ビジネス」
  • B…「雇っている従業員によるビジネス」
  • I…「投資」。

 

私の所得は、全て「給与」によるもの。

だから「E」に属する。

 

うーん、どうやって、他の象限に行くんだろ。

 

BとIを目指せ!!

 

金持ち父さん、いわく、

  • どこのクワドラントでも、経済的な自立は、可能

らしい。

 

ただ、

  • 「B」と「I」の方が、早く目標に到達できる

とのこと。

 

へー。

 

32歳までに、決めた目標を達成するには、

「B」や「I」の生き方を参考にする必要がある、ってことね。

 

これからは、

「B」や「I」に焦点を当てて、

彼らの考え方を学んでいこうと思う。

 

おわりに

 

以上「【4つのクワドラント】金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントとは」でした。

 

大学生の時に、初めて参加した「金持ち父さんのキャッシュフローゲーム」。

それが、今後の人生を大きく変えそうな予感。

>>【キャッシュフローゲームとは】初心者が騙されないで楽しむために

 

「B」や「I」に属する人たちに触れ、環境を少しづつ、変えていきます。

気長に期待です。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

 

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「677名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

とみますん家

読者の投資活動を応援!!
先着100名様にオリジナルNFTをプレゼント中!!
このNFTを持っていると、毎月、軍資金を貰えるチャンスが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です