楽待のビジネスモデルとは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

不動産ポータルサイト「楽待(らくまち)」。

欠かさずチェックしている。

 

んで、今回気にったのが、楽待のビジネスモデル(収益源)。

彼らって、どうやって稼いでんだろ?

とみます
この内容は「楽待のビジネスモデル」についてです。

 

「楽待」の運営元は株式会社ファーストロジック

↑おんどりゃあさんからのツイートがきっかけ。

相変わらず、プロフィール画像がお茶目で。

 

いつでも売れる流動性があるので、株式アセットもなかなか良いのよね。

とこるで、楽待の収益源ってなんだ?

 

コロナ渦で、地方の築古に対しては、融資が引き締まっていることを、身をもって理解したし、

買い手がいなくても、儲かるビジネスなのだろうか?

 

ってことで、まず、短信。

 

楽待の運用成績書=ファーストロジック(6037)の短信

 

とりあえず、去年の1年分を↓

>>https://www.firstlogic.co.jp/ir/ir_library/tanshin/

 

うへ。

2019年の経常利益は増加傾向だし、現金も増えている。

 

ぺーぺーな私が見る分には、順調そうに見えるが。

今の株価は…

rakumachi200827-1

引用…google

 

  • 782円

うーん、ジリ貧だねぇ。

 

一時期、2000円台もあることを考えると、低調だね。

逆に買いたくなるが。

 

直近の短信は?

コロナ渦はどうなのよ?

 

2020年の短信

 

2020年7月期↓

>>https://www.firstlogic.co.jp/ir/ir_library/tanshin/

 

ありゃ?

2020年4月30日までのデータしかなく。

 

なーる。

来月9月の半ばに、公表されるのか。

1年分を。

 

どうりで。w

決算前? 公表前だから、より大事なタイミングってことね。

 

ところで、短信には、収益モデルの詳細な記載は無く。

うーん。

 

楽待のビジネスモデルとは

 

少し古いが、こんな記事を見つけた↓

>>投資用不動産に特化したポータルサイト「楽待」を運営

 

ザックリ言うと、

  • 物件掲載サービス
  • 提案サービス
  • 広告掲載サービス
  • 査定サービス

らしく。

 

今は違うかもしれないが、概ね、合っていると推測。

楽待ユーザー視点だと、あまり感じないお金の動きだが、全て、不動産業者から、お金の流れを得ているのね。

 

ってか、成約ベースで、手数料を得ていると思ったけど、掲載ベースでお金を得ているそうで。

あっぱれ。

 

コロナ渦で、売買件数は減るけど、掲載数は、そんなに変わらない?

といえど、業者の広告費削減もあるだろうから、掲載数は減っているのかも…?

はたまた、売りに売れないから、ポータルサイトを利用する業者が増えた?

 

ちなみに、ここに書かれた記事によると、

  • 1件あたり1000円

だそうで。(最低10件から)

 

おぉー。

楽待にとっては、ある種のインカムゲインなわけね。

 

うらやまー。

でも、ここまでのポータルサイト作るのは大変やし。妙に納得。

 

まあ、結論は…

  • 蓋を開けてみないと分からない

ということで。w

 

堅そうな経常利益推移だけど、

ポータルサイト一本なので、上下が粗そうな?

 

そんな感じに、

来月の短信と株価の推移を楽しみにしつつ。

 

おわりに

 

以上「楽待のビジネスモデルとは」でした。

 

楽待アプリは日頃より使っている。

売り出し情報などが掲載されており、かつ、地域などの条件を絞れるので、とても使いやすく。

 

ユーザーフレンドリーな運営なので、利用者に愛されそうな。

今後も動向をチェックしつつ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「96名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です