【想定7.5%】相模原のリニア開発ファンド募集が開始間近!!

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

2027年に、東京-名古屋間のリニアが開通する予定で。

8割がトンネルと言われており、現在、山の掘削が始まっており。

 

その1つの課題が、残土の受け入れ先。

藤野トンネル「大洞非常口」から徒歩1分の元採石場についてのファンド案件です。

 

リニア中央新幹線で東京→名古屋、最速40分に

sagamihara-linear220103-1

引用…https://cozuchi.com/

 

超電導を利用したリニアモーターカーを導入することで、東京から名古屋まで、最速40分になるそうで。

完成予定(東京-名古屋)は、2027年。

 

現在、JR東海を中心に、事業を進めており。

その中の課題の1つが、残土の受け入れ先。

 

藤野トンネル「大洞非常口」から徒歩1分

sagamihara-linear220103-3

 

リニア新幹線は、

  • 全長286kmうち、約8割がトンネル

だそうで。

 

ざっくり、トンネルは、山を掘削することで、造作されていくのだが、その時に、大量の残土が発生する。

この残土の受け入れ先に、困っており。

 

遠ければ、トラックの運搬などの手間が増える…

 

そこで、今回の物件は、

  • 藤野トンネル「大洞非常口」から徒歩1分の場所に位置

しているそうで。

 

もともと、この目的で購入したそうだが、なんと、承認が下りるまで、7年を要したそうで。

sagamihara-linear220103-2

 

調べてみると、確かに、相模原市からの許可書について、21年の12月のブログ記事を見つけた。

>>㈱フジノロック・盛土を許可される <大洞非常口・残土処分地>(相模原)

 

ん、現在、

  • あと3年間、12万m2を、15mの高さまで許可

されており。

 

大洞非常口からは、76万㎥の残土が出る予定らしく、このペースだと6回の延長が必要な計算になるそうで。

だから、今回のファンドは、1年ファンドなのかな。

(もしかしたら、延長認可が下りれば、追加のファンドも出て来るかもね。)

 

にしても、7年もかかるとすれば、競合もなかなか着手できない案件だね。

(今から申請しても、リニアが開業する年に間に合わない。w)

 

リニア事業が撤退しない限りは、堅い案件か。

 

相模原のリニア開発ファンドの詳細

sagamihara-linear220103-4

概要をメモしておこう。

  • 募集金額: 6.75億円
  • 想定利回り: 7.50%
  • 運用期間: 12カ月
  • 最低投資額: 1万円から
  • キャピタルゲインは無し。

 

まあまあな、利回りだね。

正直、悩む利回りだが、他のソーシャルレンディングの案件が少なくなってきており、個人的に、ソーシャルレンディング用の資金がもたついている状況。

 

この前のCOZUCHIの六本木ファンドの資金も返ってきたから、ここに、入れておいても良いかもね。

  • リニア事業に貢献した

って、カッコいいじゃない。

(ちょっとの資金といえど。)

 

娘が中学生になるくらい?

ネイティブ・リニア世代に、自慢できるような投資をしていければ。

 

おわりに

 

以上「【想定7.5%】相模原のリニア開発ファンド募集が開始間近!!」でした。

 

ファンドの募集は、1月6日の19時から!!

規模が大きいので、抽選にならないことを願いつつ。

(最近は、落選する回数が増えてきた…)

 

全力でエントリーしていければ。

アカウント登録していない方は、早めにね。

>>COZUCHI

 

それでは、また。

とみますん家

読者の投資活動を応援!!
先着100名様にオリジナルNFTをプレゼント中!!
このNFTを持っていると、毎月、軍資金を貰えるチャンスが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です