NOをYESに変える「不動産投資」最強融資術(本)を読んで

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

著者: 安藤新之助さんの本を購入。

楽待(らくまち)で有名な、融資のプロ。

 

最近、融資審査が厳しいということもあり…

目から鱗の情報が。

 

簡単に、感想/書評を。

とみます
この内容は「融資術」についてです。

 

アパート1棟モノ×融資の事前審査がなかなか下りない

 

気になる物件を見つけ、融資の事前審査を。

が、なかなか通らない。

 

というのも、

不動産業者(仲介)の営業マンに、打診を丸投げしている。

 

どうも、これだとダメみたい?

(属性が良い人は、多分、大丈夫かもだけど。私の場合、低属性で借入もそこそこあるので。)

 

これまで、区分の購入から売却までを経験しているが、築浅×都心の区分マンションは、比較的、簡単に買えた。

一方、築古×地方の融資付けは、簡単じゃないみたい。

 

ということで、本腰を。

楽待でも、融資プロの安藤さん↓

 

バシバシっと、歯に衣を着せぬ。

その感じがたまらない。

 

NOをYESに変える「不動産投資」最強融資術/安藤新之助著

Jpeg

↑早速、本を購入。

 

まずは、ざっと、安藤さんの不動産投資歴を↓

  • 安藤さんは、金融機関が大好き。(私は、金融が大好き。)
  • 彼が不動産投資家を目指したのは、34歳から。
  • その後、7年で、1億円の家賃収入を。
  • 総資産13億円3000万円。
  • 保有物件数10棟173室。
  • 駐車場127台。
  • 満室家賃収入1億3,500万円。(2018/8月時点)

 

うひゃー、やばい。

メガ大家ってやつ?

 

もともと、金持ちだったのか?

と、思いきや、年収400万円のサラリーマンから、不動産投資を始めたらしい。

 

何か、得るものがあるに違いない。

ざぁーと、内容をチェック。徹底的にパクれ!!

 

メガ大家のカラクリは? 銀行開拓が得意

 

これだけの資産を短期間で築き上げた。

そのカラクリは?

 

どうも、

彼は、銀行からの資金調達に長けているみたい。

 

  • 都市銀行、地方銀行、信用金庫

合計「9つ」の金融機関と、取引しているとのこと。

 

しかも、

  • 3年~10年
  • 固定金利
  • 0.6~1.3%
  • 保有物件の90%が1%以下

の条件で。

 

え、すご。

不動産投資の成功は、銀行開拓にあるのか。へー。

 

ふむふむ。

一方、そんな彼でも、最初の一行目の開拓は、苦労したらしい。

 

失敗の積み重ねが詰まった本、ということで、オススメ。

>>NOをYESに変える「不動産投資」最強融資術

 

必ず聞かれる10の質問

 

よっしゃ。

銀行員との面接を徹底的に、イメージや。

 

スーツを着て、

ネクタイを締め、

コンコン

「失礼します」。

 

ん?

ところで、どんなことが聞かれんだろ?

 

はい↓

  1. 売主の売却理由
  2. 外部修繕の履歴
  3. この物件の購入理由
  4. この物件の周辺の入居率
  5. 物件の周辺家賃相場
  6. 奥様の連帯保証人
  7. 自宅、もしくは、他の物件を担保で提供できるか
  8. 相続財産があるか、ないか。
  9. 他行での借入有無
  10. 自身の家族の資産背景

 

お、

後半は、把握しているとして、前半の内容は、超大事だね。

 

というか、内見時にこれらを意識して、情報収集をすると良いよね。

プラス、近隣の仲介/管理の不動産業者を訪ね。最低3つは。

 

んで、事前に、資料を用意しておくと。

なーる。

 

他にも、

  • 融資の5原則
  • 融資的に良い物件の5つの条件
  • プレゼン資料の作成方法

などなど。

 

うん、本通りに、トライ&エラーを続けていければ。

 

おわりに

 

以上「NOをYESに変える「不動産投資」最強融資術(本)を読んで」でした。

 

銀行へのアプローチ術が、とても参考に。

銀行員との関係性作りから、実際のプレゼンまで。

 

かなり具体的なイメージが沸きました。

あとは、実践あるのみ。

 

モチベーションを維持しつつ、取り組んでいければ。

>>NOをYESに変える「不動産投資」最強融資術

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1112名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です