渋谷区広尾の借地権付2区分、底地と一体となることで価値上昇に期待?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

COZUCHIの新ファンド情報が公開されました。

利回りが高く、抽選式なので、投資家にとっても嬉しく。(先着式ではない。)

 

広尾の物件について、内容を確認していきます。

 

COZUCHI新ファンドの概要

 

  • 広尾借地プロジェクト
  • 2区分買い取り
  • 利回り 6.5%
  • 期間 9か月
  • 出資金額 1万円から
  • 募集開始 3/1(火) 19時から

 

早速、内容をチェックしていこう。

 

渋谷区広尾借地プロジェクト3つのポイント

 

ざっと読んで、3つの特徴を持つ案件と認識した。

  1. 立地の良さ
  2. TRIAD社による家賃保証
  3. 底地と一体となることで、価値上昇に期待

 

①立地の良さ

cozuchi-hiroo220220-1

  • 東京メトロ日比谷線の広尾駅から徒歩約6分

と、恵比寿、六本木、渋谷などへのアクセスが便利。

 

にもかかわらず、高級住宅街として知られており、落ち着いた雰囲気の街で。

今回の物件は、1981年生まれ(築41年)と古いものの、築古賃料であれば、入居付けは苦労しなさそうね。

(賃貸需要が旺盛な地域とみた。)

 

②TRIAD社による家賃保証

 

今回の物件は、このファンドの運営元、TRIAD(トライアド)社がマスターリース契約を行うそうで。

賃貸収入が保証されるので、インカム利回り5.5%は、まあ堅いと見ている。

 

この背景には、

昨年12月に募集した案件と絡んでくるのだが、

ざっくり言うと、

  • 10年かけて、借地権付き区分マンションを全部買い取って、新たな開発用地を作ろう!

というもの。

 

今回、その内の2区分の交渉が進んだから、このファンドが形成されたのだろう。

計画的な算段だと思うので、インカムゲインは、予想通りに狙えるとして。

 

*詳細は、以前のファンド概要より。

>>【インカムゲイン重視型】インカムゲイン3.5%+キャピタルゲイン1.0%  

 

③底地と一体となることで、価値上昇に期待

cozuchi-hiroo220220-2

 

すでに、TRIAD社は、底地(借りている土地, 借地とも)を保有しており、その土地の上にある、区分マンション(建物の一部)を購入する。

(上の図のように、厳密には、借地権付きで購入することになる。)

 

まあ、これを買えれば、

  • 完全所有権になる

ということ。

 

2区分なので、まだまだ当初の全区分の購入には至らないものの、(全区分買えたら、価値はものすごく増大するだろう。)

完全所有権になることで、不動産としての価値が上昇する。

 

すでに、TRIAD社の見込み評価額にて買取予定でおり、インカムゲイン1%と算段されている。

利回りは、正直、めちゃくちゃ高いという訳では無いが、堅い運用になりそうな案件かな。

 

ソーシャルレンディング用の資金を余らせている状況もあり、(他社のファンドは先着式で、クリック押し勝負に勝てない…)

全力でエントリーしていければ。

 

おわりに

 

以上「渋谷区広尾の借地権付2区分、底地と一体となることで価値上昇に期待?」でした。

 

 

株式や暗号資産がイマイチな状況でも、事業投資は依然として人気が高いのかな。

 

抽選で当選することを願いつつ。

情報収集だけでも良いので、アカウント登録は忘れずに。

>>COZUCHI

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です