水漏れのお知らせ…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

退去の次に来た連絡は、入居!

ではなく、水漏れのお知らせ…

 

1階の人曰く、すでに、天井に水跡がついているようで💦

築古は、色々あるよね…

 

管理会社からのお知らせ…

 

朝一に、携帯電話が鳴り。

担当者曰く、

  • 1階の人から、天井からの水漏れ報告があった。
  • 2階の人が、お風呂に入っている時に、水が流れているような音がこれまでにあった?
  • 1階のトイレ扉の天井に、水染みができた。今は、バケツを置いている。
  • 1階の住人曰く、配管からの水漏れじゃない?

とのこと。

 

あちゃー。

水漏れだね~

 

築30年を超えた物件なのだが、ほんとよくあるな。w

ここ1年で、3回目で。

 

前回は、

  • トイレのガスケット劣化による汚水漏れ
  • お風呂の排水管詰まりによる、水位レベルが上がったことによる水漏れ

と、様々で。

 

平日で、2階の人は居なそうだし、バケツを置くほどだから、給排水管の劣化かな?

前回、他の部屋だが、配管がボロボロだったので、予防策として交換した経緯がある。

 

何はともあれ。

まずは、現場確認の手配を。

 

クラシアンの現場確認を依頼

 

そのまま、管理会社に、

クラシアンの手配をするように依頼し。

 

緊急性の場合や、入居者が要る場合は、業者に見てもらうようにしている。

前回も、クラシアンに依頼したが、その日には対応してもらった覚えがあり。

 

ただ、DIYと比べると、かなり高く費用が掛かっちゃうけどね💦

まあ、それは致し方なく。

 

まだ連絡が来ていないので、対応中なのかな。

進捗があれば、管理会社経由で連絡が来るようにしておき。

 

築古アパートの経年劣化対策は、パッチワーク?

 

築30年超えの物件を3年ほど保有しているが、

懸念劣化による不具合は、一気に襲ってくるね。

 

特に、給排水管は、悩みの種で。

空室の場合、点検口から覗くことができるので、ある程度、状態の良し悪しを把握することができるが、入居中の場合、覗くことができない。

 

未だ、部屋の半分は、購入時から覗くことができておらず、ブラックボックスなんよね。

そういった場合は、不具合の出たとこ勝負になっており💦

 

プログラムでいう、パッチワーク的な。(バグを発見次第、その都度、修正していく。)

できれば、事前に対処しておきたいところだけど、効率悪そうだしね…

 

みんなどうしてるんだろ。

何はともあれ、まずは、原因が分かると良いな。

 

おわりに

 

以上「水漏れのお知らせ…」でした。

 

アパート業3年目に入り、いよいよ、築古の難しさに直面しており。

打ち出の小槌なのか、金喰い虫なのか、たまに、よく分からなくなりますが、できることを実践していければ。

 

あー、早く、直ると良いな。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です