4-160 SpectivのICO(プレセール)に参加、次世代のアドセンス?「VR×広告×仮想通貨」に期待

 

こんにちは、ICO研究家の読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

この前、VR/ARに強みを有する「Cappasitsy社のCAPP」が上場しましたが、約3倍(一時5倍)以上になりましたね。

今は少し下がってきていますが…

 

まあ、それだけこの業界は注目を集めています。

正直、この種のベンチャー企業は数多く存在するため、競合も多く、どの企業がヒットするかはわかりません。

自分でいいなと思えた企業を長~く応援していきましょうね。

 

今回は「Spectiv」に興味を持ちました。

きっかけは「レビューが高くなりそう?」(まだ厳密にはされていない?)と感じたためです。

すでに20以上のICOに参加してきた私の勘ってやつですかね。

まあ、投資は自己責任ですので、悪しからず。

詳細を見ていきましょう。

とみます
この内容は「SpectivのICO」についてです。

それでは、どうぞ。



 

Spectivとは

 

Spectivは、簡単に言うと、VR(仮想現実, Virtual Reality)のプラットフォーム開発を行っている会社のこと。

正式に言うと、アメリカにある「Spectiv LLC」とモーリシャス(アフリカの諸島)にある「Spectiv LTD」という2つの会社からなる。

 

感の鋭い方は「モーリシャス」と聞いて、タックスヘイブン(租税回避地)を思い浮かべるかな。

日本の近くで言うと「香港」や「シンガポール」のイメージ。

 

観光地? リゾート地にもなっていて、けっこう優雅↓

Spective-171208-3

首都は「ポートルイス」といって、 思ったよりも高いビルが並んでいる。(写真の裏側…)

 

the オフショア金融センターだね。

 

そんな「税金対策」ばっちり? の「Spectiv」がICOを始める。

いつものように、軽くまとめておこう↓

 

SpectivのVRについて

 

いつものように、ホームページとホワイトペーパーを読んでまとめておく↓

今のところ、日本語には対応していない。

  • ホームページ
  • ホワイトペーパー
  • VRの開発状況
  • ↑商品? Spectivのサービスを見た方が早い。今だったら、ニューヨークのクリスマスを覗くことができる。
  • ↑左クリックを押したまま動かすことで、画面内360°の動画を楽しむことができる。
  • ↑ズームもできる。かなりキレイ。
  • 他にも、アフリカのゾウの動画や、マインクラフトというゲーム動画がアップされている。
  • ↑写真よりも、臨場感があって、私は好き。
  • 本人の好きな視点に動かすことができる。これからは「写真家」に次ぐ「VR家(VR作成者)」という、アーティストが生まれてくるだろう。
  • 一方、TV好きな「受け身」の人には、あまり向かないかも?

 

多くの事業家が「VR技術」を積極的に開発していて、その大半がベンチャー企業。

この前、紹介した「Cappasity社」なんかも「VR製品」を持っていて、上場後にトークンが「3倍(一時5倍以上)」にもなったから、業界的にも注目を集めているよね。

 

私も「VR系ICO」には、金融に次いで、身銭を切っている。

もう少し、この「Spectiv」のICOについて、見ていこう↓

 

Spectivのトークンの使われ方

 

ICOは簡単に言うと、独自のトークンを発行して、資金調達を行う手法のこと。

んで、大事なのは、そのトークンがどのようにして使われるかであって。

 

簡単に、まとめておく↓

  • Spectivトークンは「Signal Token Protocol」と呼ばれ「SIG」と略される。
  • 主に「広告キャンペーン」に使われる。
  • 広告主は、ターゲットコンテンツに関連付けられた「スマート契約」を介して「SIG」を使用していく。
  • 一方、サイト運営者は、スマート契約を通じ、その広告主のコンテンツを宣伝をすることで「SIG」を使った報酬を与えられる。
  • 広告表示、クリックなどの実積は、スマート契約に伝達される
  • ブローカー(仲介者)を経由しない。
  • 直接、サイト運営者に、報酬を与える。
  • 効率よく、広告キャンペーンを展開できる。
  • 広告主は、分散させたい「SIG」の正確な数をコミットすることによってキャンペーンの予算を選択できる。

 

一言で言うと、Facebook広告やGoogleアドセンスの広告に近い。

ただ、直接に広告主と繋がることができるから、手数料を持ってかれることなく、広告主からの報酬をゲットできる。

ブロガーにとって、地味に嬉しい。

 

ただ、注意してほしいのは、データ解析はまだ完璧ではないということ↓

  • データ解析は完璧ではない。
  • 広告主が「SIG」に従事するには、Spectivのコンテンツだけでなく、自分のプロトコルも使用してね。
  • そのために、「広告主導型」のメディアプラットフォームを使用して構築するための「SIG」を開発。
  • ビデオベース、オーディオベース、書面ベース、なんでもオッケー。
  • 「SIG」のユーティリティは「Spectiv」には固定されていない。
  • むしろ、自律的なプロトコルとして構築した。
  • 各メディアプラットフォームは、データを監視する独自のメカニズムを統合してくれ。
  • それで、プロトコルを長期的に使ってくれー

みたいなことが書かれている。

 

なるほどね、ブロガー向けのサービスかなと思ったけど、それよりは「Google」などの広告表示ビジネスを持っている企業に「このプラットフォームを使ってくれー」、みたいな感じかな。

詳細は、開発と共にフォローしていくけど、確かに、「インフラ? プラットフォーム」から関与していくことで、収益性は大きそう。

 

いろんな技術が複合し合い、日進月歩で開発が進んでいるのね。

 

いづれは「VRを使った広告」とかも、出始めたりして。

私のブログにも、VR広告?360°動画?とかを、採用していきたいなー。

 

たとえば、冒頭の「モーリシャス」の写真。

海に面した画面なんだけど、実は、反対側は高いビルが並んでいる都市なんだよね。多分。

「動かすことができればいいのに」と思うもん。

 

まあ、この「Spectiv」がヒットするかは、わからないけど、私は「VR×広告」を積極的に応援していく。

より詳細に、この「Spectiv」のICOについて見ていこう↓

 

SpectivのICO

 

トークンを買うにあたって、今のセールをまとめておく↓

  • 1ETH = 950SIG (約5万円分)
  • 早く買えば買うほどお得↓

Spective-171208-3

↑今だったら「+60%」。すでに「7,900ETH」(約4億円)調達。これは中堅(10~99億円)レベルの規模に達するだろう。

 

Spectiveトークン「SIG」の買い方

 

買い方は、いつもと同じ↓

  1. ホームページより「Purchase Token」
  2. 送金アドレスの表示
  3. 「MyEtherWallet」から送金

 

以下、画像を用いて↓

①規約の確認後、個人情報の登録↓

Spective-171206-2

 

②いくら買うか。私は「0.2ETH」(1万円分)。ボーナス込で「304SIG」↓

Spective-171206-3

 

③どれで支払う? 私は「MyEtherWallet」で↓

Spective-171206-4

 

④ログイン後、購入数が表示される↓

Spective-171208-4

 

今後、トークンの引き出し方、取引所の上場に関する情報が出てくるだろう。

その際は、またブログにするね。

 

とりあえず、どうせ買うなら、あと2日間以内に買っておこう。

あと「20ETH」(100万円)以上出せる人は「さらに+20%のボーナス」がつくそう。

 

…20代会社員にはムリだー( ゚Д゚)ショボン。

早く「億り人」になりたいな。

 

今は「1万円」の分散投資だけど、いづれは「10万円」の分散投資に。

もっというと「100万円」の分散投資をできるように。

 

規模は違えど、基本は一緒だよね。

まあ、気長にいこう。

 

おわりに

 

以上「SpectivのICO(プレセール)に参加、次世代のアドセンス?「VR×広告×仮想通貨」に期待」でした。

 

地味にVR分野が来ていますね~。

2020年を目途に、自分の家のディスプレイとかにも普及していたらいいな。

…オリンピック放送を360°で楽しめしたりして。

 

これからが楽しみですね。

20代として、自分のできる範囲に応援して、これからの未来を作っていきましょう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

おかげさまで「140名」を突破しました。

また、最近、登録してくれた方でこのようなコメントを頂きました↓

  • 20代女性「具体的な数字が書かれていて参考になりました。」
  • 20代男性「資産運用の重要性を改めて感じました。」

いつもありがとうございます。

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、358人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です