4-207 ICOの軽い振り返りと、新たに「SwissBorg」に参加。「CHSB」トークンの買い方まで

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

「MyEtherWallet」から「ETH」の送金が、上手くいくようになってますね~。

以前、作ったトランザクションが消えていたので、再度、送金したところ「約10分程度」で送金できました。

 

前のやつは、取り消されたのかな。後で生成されたりして( ゚Д゚)?

まあ、詳しい所は、わかりませんが、身銭を切っていきます。

 

今回は「SwissBorg」です。

 

「資産運用」

 

この言葉に「ビビビ」と来た方には、おすすめなのかな。

 

これまでの「ICO」にも触れながら、詳細を見ていきます。

とみます
この内容は「ICO×SwissBorg」についてです。

それでは、どうぞ。



 

ICOの失敗談

 

そもそも、ICOは「元本割れ」する場合があります。

 

当初の私は、特に「あ! 面白そう」で身銭を切っていました。

(今もですが…)

 

結果、投資した金額を下回る通貨が「チラホラ」。

今も「My財布」に眠っています。

 

たとえば

  • Changeは「元本割れ」(最近、良い感じ)
  • PlusCoinも「元本割れ」(最近、復活気味)

など、しばらく低飛行する場合も多い。

 

なので、あえてICOにこだわる必要はないのかな、って。

 

上場後の下がったところを拾っていく。

素晴らしい戦法だと。

 

なんだけど…

 

ICOの醍醐味

 

こんなこともありました↓

  • CAPPは「50倍」に

 

現在の評価額の話なので、何とも言えませんが、事実は事実です。

「お! 面白そう」と思った企業(チーム)が、アリババに商談しに行ったりしてて、すごく活躍されているんですよ。

 

この「CAPP」は「ARに関する技術×WEBの3D表現」を得意としています。

>>CAPPに対する当ブログ

 

株だったら「1株単位では買えない」から、少なくとも「10万円」以上は要るんだけど、ICOは、資金が少なくても参加できるのが最大の魅力。

 

その分野の技術発展に、微力だけど貢献できるわけだし。

もちろん、いづれは、その技術が将来、自分の生活に使われるんだろうなー、って。

  • 技術の発展も、
  • 価値の上昇も、

ワクワクするんだよね。

 

だから、やめられない。

ってことで、新たな「ICO」に…

 

「SwissBorg」のパートナーシップ

 

知ったのは「ICO index」や「ICO Drops」というサイトがきっかけ。

ちょくちょく露出が多かったんだわさ。

 

んで、決め手は、ツイッター。

どんどん、パートナーシップを結んでいった↓

 

  • Bounty0x

 

  • ETHLend

 

「Bounty0x」「ETHLend」。

どちらも、調子の良い企業だよね。

(KuCoinのウォッチング銘柄。)

 

だから、魅力があるんじゃないのかな、って。

 

詳細を、さらっと、確認していこう。

 

「SwissBorg」とは

 

いつものように

を読んで、まとめておく。

 

一言でいうと「仮想通貨を使った、プライベートバンキング」。

 

プライベートバンキングとは、

  • 投資の管理
  • AIを駆使して
  • ロボアドバイス
  • 教育も
  • 投資情報の提供
  • 実積の分析

などなど、プロの専門家が行う、個人コンサルのサービスかな。

まあ、顧客の資産運用を代わって行い、お金を増やすサービスだ。

 

それを、ブロックチェーンを使ってやろう、と。

 

そもそも、プライベートバンキングは、お金持ちしか知らない世界。

それをチェーンかつAIを使うことで、手数料を安くできるってわけ。

みんなが使えるようになったら、嬉しいよね。

 

んで、最大の特徴はこれじゃないかな↓

 

チェーンに乗せることで、

  • フィナンシャルアドバイザー?
  • アセットマネージャー?

なんていうかは、わからないけど「資産運用を任された専門家の取引」が「透明化」される。

 

日本の年金みたいに、預けたお金がどうなっているのか良く分からない。

そんな状態を、解決することができる。

 

面白いよね。

生まれてきて、すっと疑問だった「ダークなところ」をフェアにするわけ。

 

もちろん反発もあるだろうけど、すごく合理的だと思うんだよね。

ってことで、投資決定。

 

「SwissBorg」トークン「CHSB」の買い方

 

トークンの買い方を、まとめておく。

2日前に送金したんだけど、履歴が消えてたいたから、再度の送金。

(履歴が消えただけで、ETHが消えたわけじゃないので、ご注意を。)

 

そしたら、約10分程度で反映された↓

  1. SwissBorg」より必要項目の入力
  2. 送金アドレスの表示
  3. MyEtherWallet」より送金

 

以下、図を用いて↓

①登録フォームの記入と、項目の確認。

SwissBorg

↑ちゃんと読もう。投資は自己責任。

 

②色々と通貨に対応しているそう。まあ、私は「ETH」で↓

SwissBorg180106-2

 

③「ETH」の送金アドレスが表示される↓

SwissBorg180106-3

Min. 0.1ETH (約1万円)。

 

④「MyEtherWallet」から送金↓

SwissBorg180108-9

最近、ETHの送金が反映されないので、試しに「0.1ETH」。

GAS Limitは「100,000」とした。

 

結果↓

SwissBorg180108-10

  • GAS=33705
  • GAS Prics=40Gwei
  • 手数料「1.63USD」(184円)。

だった。

ETH混雑は、解消されたみたいだね。

 

⑤約10分で「SwissBorg」のダッシュボードに反映れた↓

SwissBorg180108-6

 

これで一安心。

ちなみに、2回目の送金は「20分」経っての反映だった。

時間がかかる場合もあるのかな?

 

あと、その時々でレートは異なる↓

SwissBorg180108-12

まあ、気にしないで、良い程度だろう。

 

注意点としては、1月中旬に「Wallet」の登録作業がある。

その時が来たら、忘れないで登録しよう。

 

「SwissBorg」の今後

 

目先で言うと、2月1日に「HitBTC」に上場予定↓

楽しみだね。

 

彼らのロードマップによると、

SwissBorg180108-11

2019年には、

  • オフチェーンでのクリプトファンド
  • 決済

2020年には、

  • 主要のトークンファンド
  • ICOのプラットフォーム

2021年には、

  • 取引所!?

なんか、とことん進出してくる可能性があるのね…。

 

まあ、気長にフォローしていく。

 

なんだか最近、投資信託も出てくるそうだし↓

 

クリプトファンド…

意外に、普及は早いのかもしれない。

 

おわりに

 

以上「ICOの振り返りと、新たに「SwissBorg」に参加。「CHSB」トークンの買い方まで」でした。

 

お金は、確実に「クリプト業界」に流れているわけですから、この流れに乗っかります。

 

ブロックチェーン技術を使った、プライベートバンキング。

聞いただけでも、ワクワクしますね。

 

興味のある方はぜひ↓

 

>>SwissBorgに登録

 

個人の生活が、よりフェアで、より豊かになることに期待して。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

 

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

おかげさまで「267名」を突破しました。

いつもありがとうございます。

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

参加者が増えてきたので、再度、確認をしておきますが、このLINE@も「情報発信が目的」です。

主に、ブログ更新のお知らせ、キャンペーン企画でのプレゼントを届けています。

過度に期待しないでくださいね。

 

あと、ご質問を、いつもありがとうございます。

どの記事に対する質問かわかるように、記事下のコメントで質問して頂けると幸いです。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、495人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

4-207 ICOの軽い振り返りと、新たに「SwissBorg」に参加。「CHSB」トークンの買い方まで” に対して 4 件のコメントがあります

  1. コン より:

    こんにちは。
    MEWにトークン追加なのですが、どうやるんでしょうか?
    勢いで初ICO参加しました。Swissborg
    トークンシンボル、アドレス、桁数 公式から出てからですか?

    また上場済の通貨を追加する場合もアドレス、桁数はどうやってわかりますか?

    宜しければお願いします。

    1. とみます より:

      コンさん、初めまして。
      まだ、配布が始まっていないので、「MyEtherWallet」でのトークン確認はできません。(Swissborgのダッシュボードでは確認できる)。

      今後の予定としては、
      自分の「MyEtherWallet」の登録(1月中旬予定:) → Swissborgより個人に配布 → トークンの確認です。
      基本的にちゃんとしたICOの場合、登録したメールアドレスに随時連絡が来ますので、その通りにすれば問題ありません。

      配布後のトークンの確認は、メールが見当たらなかったら「Medium」や「Telegram」でも発信されています。
      何でもご質問下さいませ。

  2. コン より:

    ありがとうございます。

    初ICOなのでワクワクです。

    1. とみます より:

      初ICOとしては「なかなかの銘柄」だと思います。(上場する(あるいはプロダクトリリース)までは、何とも言えませんが…)
      時間がかかる場合もありますので、気長にいきましょう。
      何でもご質問下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です