海外出張の代わりにWeChat。テンセント19年12月本決算動向を確認

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

コロナで出張は自粛モード…

中国との会議は、全てオンラインミーティングにて。

 

その中で、よく使われるのが、WeChat。

運営会社のテンセントの決算をナナメ読み。

とみます
この内容は「テンセント決算」についてです。

 

海外出張の代わりにWeChat

 

去年の12月に、中国出張。

新年開けてから、コロナウイルスが出始めて…

 

今では、

  • 海外出張は自粛モード

に。

 

というか、入国できない?

まあ、そんな状況だが、顧客とのやり取りは、

  • オンライン会議

 

その中でも良く使われるのが、

  • WeChat

(日本でいう、LINEみたいな。)

 

その運営元

  • テンセント

の決算が公開されたので、簡単に確認しておこう。

 

まあ、国内企業とは、比べ物にならないくらいの金額で。w

さすが、世界時価総額No9!!

>>世界時価総額ランキング 20年2月時点

 

内藤証券の情報が分かりやすい↓

 

テンセントの19年12月本決算

 

簡単に、抜粋を。

  • 2019年の売上高は過去最高。約5兆9000億円。
  • 主力のオンラインゲーム+10%UP
  • サブのフィンテック(キャッシュレス決済やクラウドコンピューティング)+39.7%UPと、伸びがすごい。
  • その背景は、WeChatの決済Pay。(テンペイ)
  • そもそもWeChatのユーザー数は、現11.6億人。1年間で6700万人UP=イギリスの総人口相当並みに増えている。w
  • 革新的なのは、WeChatのオープンソース。WeChat上で、アプリを搭載できる。(ミニプログラム)
  • →アプリのダウンロードが不要。
  • たとえば、医療機関。予約、待ち時間、支払い、処方箋などを、アプリ上で実施/把握/決済/管理が可能。
  • たとえば、ホテル。スマホが鍵になり、そのまま部屋に直行。チェックアウトもWeChat上で。

 

まじ、すげぇぇ。

汎用性があるので、これからも使われていくんだろうね。

 

ってか、

WeChat入れてないと、相手にされないし…

 

こうやって、国内でも使われていくのかな?

 

んー、日本。

決済アプリの国内市場のパイを奪っている場合じゃないような。w

 

ユーザービリティの良いアプリが使われていくんじゃね。

ビバ、効率性(*´▽`*)。

 

おわりに

 

以上「海外出張の代わりにWeChat。テンセント19年12月本決算動向を確認」でした。

 

これから中国技術が目立つようになってくると思うから、一投資家としても、中国情報は抜かりなく。

余裕があれば、中国株も、拾っていこうかー。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「69名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です