46%の確率で損する投資信託、それでも投資する?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

投信信託の問題とデメリット。

私も、これまでに積み立てて来ましたが…

 

やっぱりマイナスです( ゚Д゚)。

なぜか。

 

先日、金融庁のデータも公表されたので、詳細をサクッとまとめておきます。

とみます
この内容は「投資信託」についてです。

 

投資信託とは

 

投資信託(しんたく)。

簡単に言うと「相手を信用して、お金を委ねること」。

 

そして、委ねられた相手は、投資で利益を出すことで、預け入れた私に、お金を増やして返す、という仕組み。

ところで、この投資信託、一体、どれくらいの数があるのだろうか。

 

投資信託の合計数

 

調べてみると、合計「11,989本」もあるらしい。

多っ(;・∀・)。

 

ちなみに、このデータは、2018年5月の時。「投資信託協会」から引用↓

>>投資信託の全体像(純資産総額・ファンド本数)直近データのバックナンバー

 

投資信託は「投信」と略される。

 

少しだけ、投信を並べてみると…

  • 証券投信
  • →株式投信
  • →→ETF
  • →公社債投信
  • →→MRF、MMF
  • 不動産投信
  • インフラ投信

などなど。

 

ここから「ピタリ」と合う「投信」を見つけるのは、指南のワザ。

さらに、不幸なことに、ある金融庁のデータによると「約5割が損をしている」という↓

 

投資信託の46%が損失

shintaku180807-1

引用…投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIについて (金融庁)

 

↑このデータは、どれだけ、買い手が、損をしているか/得しているか を示している。

 

残念なことに、

  • 損をしている人の割合は「46%」。
  • 一方、プラスの割合は「55%」。

(数字が合わないのは、四捨五入しているためか。)

 

一応、投信を扱っている

  • 主要銀行等「9行」、
  • 地域銀行「20行」

による統計データであるため、ある程度「妥当性のある結果」だと見ている。

 

まあ、結局のところ、半分が損するわけ

けっこう、ギャンブルだと思わない?

 

んで、さらに、面白いことに、コスト対リターンの相関が公開されている↓

 

投資信託のコストvsリターン

shintaku180807-2

引用…投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIについて (金融庁)

 

↑縦軸がリターン。

横軸がコスト(手数料)。

 

ふつーに考えると、お金(手数料)が高ければ高いほど、良い働きをしてもらえるだろうと。

ところが、むしろ「逆」。

 

コストが高いにも関わらず、リターンは「イマイチ」なのだ。

ヒエー( ゚Д゚)!!!!

 

まさに、ぼったくり。

さらに、マイナス×リターンな投信は、グラフに表示されていないという。w

 

鬼やべー。

さらに…

 

森金融庁長官の退任

 

知る人が知る、森 信親(のぶちか)元長官。

良くも悪くも、先月、金融庁長官を退任された。

 

推していた「スルガ銀行」の不正融資により、評判が落ちたと言われているが、この人のおかげで、ここ3年間で金融革命が進んできたのも事実。

つみたてNISA、なんかもそうだね。

 

この人の功績もあってか、個人の投資が、推進されてきた。

んで、そんな彼は、去年、証券会社の幹部を集め、こんなことを言っていたらしい↓

 

顧客の資産を増やせないビジネスを、社会的に続ける価値があるのか。いつまでこの状況を続ける気なのか。

引用…Rich Life サンワード貿易株式会社

手数料が優先され、顧客の利益が軽視される結果、顧客の資産を増やすことができないビジネスは、続ける価値がない。

と。

 

くー!!

しびれる(*´▽`*)。

 

てか、やっぱり問題視されてんじゃん。

 

だからか。

約半数が損するのも、うなづけるわけで。(´・ω・`)トホホ。

 

ちなみに、彼は、投資信託に対して…↓

 

森元金融庁長官のオススメ投資信託は…

 

同じく「サンワード貿易株式会社」の記事に、こう書かれている↓

  • 複利運用ができる商品であること
  • 一定額をコツコツと投資するタイプの商品であること
  • 分散投資ができること
  • インデックスファンドを選ぶこと

と。

 

まあ、あながち間違ってないのかな。

ただ、残念なことに、投資信託の投資戦略は「長期運用」である。

 

しかも、10年や20年、もっと言うと、30年以上のスパンでの話。

…正直、そん時になってみないと、わかんねぇー(;・∀・)。

 

ってことで、私は、あまりオススメしない。

だって、自分の積み立ててきた「投資信託」マイナスなんだもん。

 

しかも「-11%」…

まじ…

 

scoline180526-13

 

ってことで、自分で運用できるスキルを身に付けている。

 

それでも投資信託に投資する?

 

合計「11,989本」の投資信託。

 

その内、最初に出した割合を基に、枚数で計算してみると、

  • 損失 約5,500本 (46%)
  • 利益 約6,500本 (55%)

となる。

 

なかなか「利益×投信」を引く確率は、低い。

うーん、素人の私には、ちとムズイかも。

 

とことん調べるか、これまでの実績を基ににエントリーするか…

それなりに工夫は、必要なのかなと。

 

逆にいうと、投資信託で利益を出している人は、優れた投資家なんだよね。

オススメ投信あったら、教えてください。w

 

お金を他人に預けるよりも、まずは、自分で増やした方がいいのかな。

46%が損する投信よりも、勝率の高い運用を探求していく。

 

おわりに

 

以上「46%の確率で損する投資信託、それでも投資する?」でした。

 

プロ? にお金を預けても、46%の確率で損します。

100人いたら46人が「ババ」を引く。

 

ルーレットで、黒か白か、当てるようなギャンブルです。

個人が簡単に投資できる時代になりましたが、迂闊に投資をすると痛い目に…。

 

単純に、分が悪いので、仮に投資するとしても、売買タイミング等で、工夫する必要があります。

 

一見、簡単に見える「投資信託」。

実は、利益を出すのは「至難の業」。

 

もっと他に、いい方法は無いのかな。

勝率を上げれる投資方法を探求していきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「657名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です