ユニットバス壁の水ぶくれ、サビ腐食をDIYリフォーム

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

1号アパートの空室の原状回復を進めています。

ユニットバスの浴室を覗いてみると…

 

壁に水ぶくれのような膨らみが。

錆の腐食だそうです。

 

DIYで修繕(リフォーム)していきます。

 

ユニットバス壁の水ぶくれ

102UBwall211213-1

↑ユニットバスを覗くと。

壁の底辺に近いところに、大きな膨らみが。

 

102UBwall211213-2

↑浴槽の上にも。

すでに、穴が開いている…

 

前の入居者は、ガムテープを貼ってあった。

防水機能として、最悪💦

 

管理会社などに報告してくれれば良いのにね。

まあ、大家あるあるなので、仕方なく。

 

102UBwall211213-3

↑今回は、この膨らみを処理していこう。

錆が進行している証拠なので、場合によっては、ユニットバス交換だが…

 

お金が掛かるからね。一部の処置にて、DIY修繕していく。

ただ、防水を失敗すると、建物への被害が大きくなるので、DIY初心者は、業者に依頼してねん。

(水回りの修繕は、DIYレベル高し。)

 

水ぶくれの撤去と錆止め

102UBwall211213-4

↑水ぶくれの膨らみに、ヘラを使って、切れ目を入れていく。

 

102UBwall211213-5

↑ピッシャー。

うわ。黒い水が、飛び出してきた。

(錆による変色だね。)

 

102UBwall211213-6

↑表面の凹凸やボコボコを除去していく。

 

102UBwall211213-7

↑錆止めを塗布していく。

 

102UBwall211213-8

↑刷毛(ハケ)を使って、塗りこむ。

そうすることで、サビの進行を抑えることができる。

 

102UBwall211213-9

↑高さ約12cmほどの被害領域。

 

アルミ複合版の貼付け

102UBwall211213-10

↑近くのホームセンターで、アルミ複合板を購入。

 

102UBwall211213-11

↑搬送するのが大変💦

 

102UBwall211213-12

↑カッターで切れ目を入れて、切断していく。

 

102UBwall211213-13

↑切り取った一面を、ユニットバスの壁に貼っていく。

 

102UBwall211213-14

↑切断面は、尖っていて、危ないので、見切り(ジョイナー)を一緒に購入した。

カッターで大きさを調整できる。

 

102UBwall211213-15

↑シリコーンシーラント(切断面の防水)を塗っていく。

 

102UBwall211213-16

↑こんな感じ。

 

102UBwall211213-17

↑今回は、4面。

 

102UBwall211213-18

↑アルミ複合版の接着には、両面テープと専用ボンドを。

 

102UBwall211213-19

↑板の裏側に、テープとボンドを塗り塗り。

 

102UBwall211213-20

↑十分に錆止めが乾いてから、貼り付けた。

 

102UBwall211213-21

↑このままでは、接合した隙間から、水が浸入するので、コーキングしていく。

 

102UBwall211213-22

↑完成(*´▽`*)。

おぉ! 良い感じだね。

そこまで、違和もなく。

 

102UBwall211213-23

↑浴槽の上も、同様に。

うん、なかなかの出来栄えで。

毎度のことながら、すごい嫁(^^

 

おわりに

 

以上「ユニットバス壁の水ぶくれ、サビ腐食をDIYリフォーム」でした。

 

この部屋だけ、水ぶくれが発生し。

浴槽に浸かるタイプの人だったのかな?

 

築30年以上の建物であり、換気としては、窓が付いているだけなんよね。

換気扇が付いているかどうかも、今後、物件を見るときは、注意していければ。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です