4-127 UQUIDトークンのPending状態は5日間、やっと引き出せたので自分の「Wallet」を確認しておこう

 

こんにちは、読者の富も増すUQC男子、とみます(@20tomimasu)です。

 

UQUIDトークン(UQC)を1万円分を購入しましたが、

やっと自分の「Wallet」に反映されました。

 

無事に送金されたみたいです。

UQCを買った人は、チェックしておきましょう。

とみます
この内容は「UQCの確認方法」についてです。

それでは、どうぞ。



 

UQUID(ユーキッド)とは

 

復習も兼ねて「UQUID」をおさらいしておこう。

簡単に言うと、仮想通貨をチャージできるデビットカードサービス

 

デビットカードは、お金を入れた分だけ、利用できるので、クレジットカードのように、使いすぎることはない。

から、一番の言いたいポイントはこれ↓

 

uquid171118-2

 

あらゆる決済を「All-in-one」にして「UQUID」でやってしまおう。

最大の決済系大手「PayPal」の仮想通貨バージョンだ。

 

もし本当に「PayPal」並みに市場をシェアできたら、最強なトークンとなりうる。

ってことで、1万円の身銭を切っていた。

 

そのUQUIDのトークン「UQC」が自分の「Wallet」に反映された↓

 

UQCのPending状態

 

不親切なことに、このICO終了後は自分で引き出す必要があった。

自分でログインし、自分のWalletを登録し、引き出し依頼をした。

その後、「Pending」の状態になり、その期間が5日間も続いた。

 

そして、ついに、こんなメールが届いた↓

「You received a completed email of withdraw invoice, this is details information」

引き出し依頼が、反映された旨が書かれていた。

 

そして、自分のWalletを確認してみる↓

 

UQCの確認方法

 

  1. MyEtherWallet
  2. Transaction History
  3. Token Balances

にて、確認できた。

 

以下、画像↓

 

①「MyEtherWallet」ログイン後、「Transaction History」を確認する↓

uquid171118-3

 

②「Token Balances」にて「Uquid Coin」が反映されていた↓

uquid171118-4

 

ぜひ、忘れないうちにチェックしておこう。

 

引き出さないと最悪消えるかもしれない。

(11/21にはサイトがバーンされる。)

「Wallet」に反映されるまでは、油断しないでおこう。

 

おわりに

 

以上「UQUIDトークンのPending状態は5日間、やっと引き出せたので自分の「Wallet」を確認しておこう」でした。

 

Pending状態が続いたため、正直不安でした。

が、何より自分の「Wallet」に反映されており、ひとまず安心ですね。

 

あとは、このトークンの価値が上がっていき…

まあ、思い通りにいかないのがICO投資なので、気長にいきましょう。

 

買った人は、念のため確認しておきましょう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です