4-128 決済系ICO「UTRUST」は見送り、私が投資しない理由

 

こんにちは、読者の富も増すICO男子、とみます(@20tomimasu)です。

 

ICOにハマっているわけですが、決済系ICOが本当に多いですよね。

「どれも面白そう…投資したい!!」っていう状態ですが、ここは冷静に判断していきましょう。

 

もちろん自身のポートフォリオを把握した上で、判断していくことになります。

その結果…、

期待できそうな「UTRUST」は、見送ることにしました。

詳細を見ていきます。

とみます
この内容は「UTRUSTの見送り」についてです。

それでは、どうぞ。



 

UTRSUT(ユートラスト)とは

 

一言で言うと、仮想通貨決済サービス。

を読んで、一番のポイントはこれだろう↓

UTRSUT-ico-1

買い手と売り手の中間業者っていうのかな。

このトークン利用者は、手数料が安くなる。

 

よくある決済系サービス。

 

確かに、決済系×ブロックチェーン技術は、相性がよく、今までに多くのICOが登場してきた。

その中でも、この「UTRSUT」の評価は高く、実は、かなり気になっていた。

 

トークンセールは残り2日。

セール達成率も90%と人気があることがわかる。

 

だが、悩んだ挙句、私は見送ることにした。

その理由は…

 

UTRSUT(ユートラスト)を見送った理由

 

見送った理由は、競合が多いから

 

決済サービスに特化した競合だけでなく、(UQUIDとか)

銀行サービスの1つとして、決済を行う競合もいる。(ChangeBankやBANKERAなど。)

 

さらに、今後、既存の大手がトークンセールを行う可能性だってある。(AmazonやPayPal?)

 

そうなった場合、どうしても、独占できる市場は狭く、あえて「UTRUSTトークン」を使う必要があるのかな?

って思ったわけ。

 

まあ、市場全体が上昇しているから、このトークンの価値も増えてくるとは思う。

だけど「ドカーン」ではないだろう。しばらくは、ジリ貧と予測した。

 

(そういうときに限って「ドカーン」があるから、嫌になっちゃうんだけどネ( ゚Д゚)ヒエー。)

 

他の理由としては、個人的な話になるけど、

自分のポートフォリオが、決済系&銀行系が多いため。

 

現状、偏りがある。

その場合「金融規制」とかで、一発退場があり得る。

 

だから、もう少し分野の異なるICOに投資をすることで、リスクをヘッジしていくことが必要。

 

これから、よほどいい案件が出てこないと、決済系の追加投資はしないだろう。

 

すでに、競合が飽和しているような状況だし、そうなると「国が味方している」あるいは「配当がある」トークンに勝てないのでは。

 

さらに、時間との勝負だってある。

2017年内は気にすることもない(どこも、よーいドンの一斉スタートだ)と思うけど、なんだかんだ言って、開発が先行している方が期待できるわけで。

 

そうなると…厳しいんじゃない。

 

ってことで、今回は「UTRUST」を見送った、

悔しいけど。

 

まあ、今後も、情報収集だけはしていく。

 

おわりに

 

以上「決済系ICO「UTRUST」は見送り、私が投資しない理由」でした。

 

次から次へと出てくる、決済系ICOバブルですが、これからどうなることやら。

より判断力が試されるような状況ですね…。

 

まあ「自分が面白い」と思ったトークンが一番でしょう。

トークンを買ったことがない人にとっては「UTRSUT」は、固いICOだと思います。

 

今後も気長にフォローしていきましょう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

 

4-128 決済系ICO「UTRUST」は見送り、私が投資しない理由” に対して 2 件のコメントがあります

  1. こうむいん より:

    私もレッドオーシャンにつっこむ勇気はありませんでした。

    1. とみます より:

      コメントありがとうございます。
      競争者が多いと誰がトップになるのか判断が難しいですよね、確かKuCoinに上場するので、配当でゲットしちゃいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です