【19年7月08日~】S&P500の相場感?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

米国株が強い。

目で見て分かるように、S&P500が最高値を更新しました。

 

先週のチャート確認と、今週の相場感?を。

ざっくり、まとめておきます。

とみます
この内容は「VIX&CFDトレード」についてです。

 

S&P500の日足チャート

VIX190708-1

 

↑これまでの最高値付近で、足踏みしていたが、先週、目で見て分かるように、上にブレイク。

先週末(金曜日)に、弱気なスタートを見せたが、翌朝、起きてみれば、戻していた。

(これまでのレジデンスが、サポートに?)

 

*目で見て分かるように→市場参加者の大衆心理が働きやすい。

 

米株、強い。

翌年には、大統領選挙も控えている。

 

どこまで、伸びるのだろうか…

次いで、下位足。

 

S&P500の4時間足チャート

VIX190708-2

 

  1. 下降トレンド
  2. 上昇トレンド。

 

2の上昇トレンド。

小さい範囲においても、ダウ理論の上昇トレンドが形成されている。

 

止まらぬ勢いを感じる。

(高値を更新しなくなったら、警戒し始める。)

 

今週の相場感?

VIX190708-3

↑日足チャート

 

いつものように、3つのシナリオを。

  1. 上昇トレンドを堅持。最高値を更新し続けていく
  2. これまでのレジデンスライン上で、行方に迷う。
  3. サポート帯(+MA200)まで、下落。押し目となりそう。

 

トレンドに従い、買い目線。

(これまでの、S&P500のショート目線で、痛い目を見てきた。)

 

押し目が来たら、S&P500のロング(買い)を。

あまりにも、S&P500が上昇し、VIXが歴史的に低くなるようなら、VIX買いの検討を。

(今は、S&P500もVIXも、ポジションなし。)

 

そんな感じの7月になりそう。

気長にフォローしていく。

 

おわりに

 

以上「【19年7月08日~】S&P500の相場感?」でした。

 

G20後、ふわっと、上昇しました。

さらに、国内証券(マネックス、楽天)での最低取引手数料が引き下げられ、小口での米国株が買いやすくなりました。

 

小口マネーも、アメリカにお金が流れていきそうな…?

大きな流れに乗れるように、これからもウォッチングしていければと思います。

 

リスクヘッジ(VIX買い)は、今のところ、GMOクリック証券のCFDで考えています。(手数料が安い(スプレッドが小さい))。

>>GMOクリック証券CFD

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1054名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です