モゲチェックで融資可能金額(バウチャー)を調べた結果…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

不動産投資を制するには、自分の属性を把握することから。

モゲチェックで、借入可能金額が分かるそうなので、早速、登録してみました。

 

結果…

4700万円!?

 

嘘やろ。

簡単にまとめておきます。

とみます
この内容は「モゲチェック」についてです。

 

モゲチェックとは

 

モゲチェックとは、

  • 複数の金融機関の中から、最も金利が低い住宅ローンを、AIによって自動で提案するオンラインサービス

のこと。

 

住宅ローンから転じて、投資用のローンなども取り扱っている。

一番のメリットとして感じたのは、非公開の金利を提案できるそうで。

 

まじか。

最良の金利は、インターネット上では見つからないらしい。

しかも、“No.1金利”での借り換えを申込むと、モゲチェックの手数料が無料になるそうで。

 

登録者数は2万人。

NHKや日経新聞などでも取り上げられおり、話題らしい。

 

ここまで断言されると、逆に怪しいが。w

早速、ホームページでチェックする↓

moge-voucher200913-6

>>引用…MOGE CHECK

↑右肩上がりで、登録数と実績を伸ばしている。

 

moge-voucher200913-7

↑金融機関の取り扱いが多い。

 

moge-voucher200913-8

↑フィンテックやスタートアップ分野で、受賞が多い。

 

まあ、モノは試し。

サービスを受けるために、登録してみた↓

 

モゲチェックのサービス3つ

 

ざっと、調べたところ、モゲチェックの主要サービスは、3つ↓

 

今回、

  • 融資可能金額

を把握したいので、バウチャーを選択。

 

結論からいうと、

会員登録すると、全サービスを受けれるので、どこが入り口でもOK。

 

モゲチェックでバウチャーを発行する

moge-voucher200913-1

引用…モゲチェック

 

  • 頭金0円。
  • 金利1.575%~

だと。

 

新築の都心マンションか?。w

一棟モノの提案も可能みたいなので、登録時に

  • 一棟モノ (区分マンションを除く)

を選択。

(2社になってしまったが。)

 

年収や保有物件、借入状況などを入力すると…

 

バウチャー発行による融資可能金額

moge-voucher200913-4

おぉー。

  • 融資可能な金額は4,700万円

らしい。

 

ちなみに、バウチャーとは、

  • サービスを受けるための予約クーポン

みたいなもの。

 

この掲示金額に応じて、

不動産屋さんが物件を掲示してくれるのであろう。

 

速いことに、登録後、1業者から連絡が。

 

半角で入力すると文字化け?

 

メールが届いたが、

私が入力した内容が、文字化けしているそうで。w

 

あ、

入力時に、一部、半角で入力していたわ。

だって、数字とか、半角を使うじゃない。w

ってか、誤入力できる項目に、本当にフィンテック入賞なのかと、逆に不安になりつつ…

→受け取る業者によって、違うみたい。

 

不動産業者の担当者の人に、メールで返信し。

明日、電話くれるそうで。

 

その情報を基に、

4700万円の真偽を確認していければ。

 

おわりに

 

以上「モゲチェックで融資可能金額(バウチャー)を調べた結果…」でした。

 

大体、年収の10倍が目安なので、あながち合っていそうな。

実際に、入社4年目で区分2室を買えた。(3500万円くらい)。

キャッシュフロー出なかったから、もう売ったけど。w

 

上手く属性(借入可能金額)を使って、もう一押しのキャッシュフローを作れればなぁ。

気長に検証していく。

>>モゲチェック

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「101名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です