4-3 0からのブログ集客 広告費を一切使わない、1年目の実績

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

今日は、ブログ集客の実績について。

 

 

ブログ集客のメリットとデメリット「ブログは資産となり得るか」

 

web+logでblog。今回はその集客について。

ログをつけることで、頭の中の情報を整理することができる。

そのうえ、過去の自分を振り返ることができる。

 

web上でログを公開することで、読者と共有することができ、

その読者が増えることが、ブログ集客となる。

 

集客ができることで、どういったメリットがあるのだろうか。

 

メリット①

広告で毎月収入を得ることができる。

 

メリット②

新規顧客の獲得⇒継続的な事業活動を促進。

 

もちろんデメリットもある。

それは、時間と手間がかかること。

調査、執筆、公開、拡散とやることは多い。

 

ただ、自分のペースで行えるので、長い人生で見た場合、

少しずつログを増やせば、ログがストックされ、

より多くの人にあなたのログを知ってもらえることになる。

 

結果、ブログから収入を得たり、新規顧客へのアプローチができるため、

ブログはストック型の資産」である。

 

そう、ブログ集客のスキルは、資産として活用できる。

資産とは、何回も言っているが「自分のポケットにお金をいれるもの」。

 

まだ、資産を持ったことのない人は、初期費用がほとんどかからないので、

有効な手段の1つとして、知っておいて損はないだろう。



 

 

 

 一年を通してブログ集客の実績について

 

ワードプレスのブログを始めて、早一年。

ブログによる集客はできたのだろうか。

 

その実績がこれだ↓↓

ブログ集客-1年目解析

開始してから、約半年間は、ユーザーが増えない期間があったものの、

その我慢の期間を越えれば、順調に増加している結果となった。

 

私の更新頻度は週に1回

ネット上では「毎日書け!!」という声もあるが、

その必要はないことがこの結果からわかった。

 

それよりも、質の向上に努力した方がいい

大手が介入できないニッチなテーマにこだわり、読み手のためになる内容をシェアすることに努めた。

その結果、ユーザー数6000人/年、毎月約500人の読み手がいるという結果となった。

しかも、その流入源は「検索から」である。

新規ユーザーの獲得としては、効果的な集客方法となった。

 

 

詳細をPDF3枚にまとめた

 

より詳細の実績と分析結果をPDF3枚のレポートにした↓↓

0からのブログ集客 広告費を一切使わない、1年目の実績(PDF3枚)

ブログ集客に興味のある人は、ここからダウンロードしてみてください。

 

 

おわりに

 

以上「0からのブログ集客 広告費を一切使わない、1年目の実績」でした。

数字として表れることが、やはり嬉しいですね。

今後も「ブログ集客の資産化」に努めていきます。

その都度読者にシェアしますので、公式ライン登録のほど、よろしくお願いします。

うざかったら、ブロックしてください。

 

来週は、4月のSQ日なので、日経225オプション取引結果について、ご報告します。

今月は、レシオスプレッド戦略を駆使し、取引回数を増やしています。

現状、取引画面の収益を見てニヤニヤしていますが、油断は禁物です。

収益が確定次第、シェアしていきます。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、
「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。
ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です