4-4 noteで初めて販売してみた私「金持ち父さんの実践書 3つの収入源プロジェクト」アップグレード版

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

今日は「note」を使用して、「金持ち父さん実践書」の最新版をアップロードしてみました。

 

 

株式会社ピースオブケイクが提供する「note」とは

 

株式会社ピースオブケイクが提供しているサービス「note」。

ちなみに日産自動車の「note」ではない。

さらに言えば、気づかせるという意味の英語の「note」でもない。

 

この会社は①コンテンツ②テクノロジー③デザインを融合させた

今までにないプラットフォームの確立に励んでいる。

 

その結果、生まれたのが、この「note」だ。

 

一体「note」は、わたしたちにどんなことを可能にさせるのだろうか。

 



 

 

他にはない強み「有料コンテンツ販売」

 

この会社のターゲット層は「クリエイター」である。

 

確かに、noteの中を覗いてみると、

漫画を書く人、

イラストを描く人、

小説を書く人、

音楽を作る人、

プログラムを作る人、

ブログで生計を立てる人

など多くのクリエイターらしき人がたくさんいた。

 

実際、彼ら彼女らが、どれだけ稼いでいるかは、わからないが、

ネット上では「売れた」という声が並んでいる。

 

一方、全く役に立たない内容で残念だったという声も、ちらほら。

 

結局買って、成功するか失敗するかは「購買者の判断力」に委ねられるのだろう。

 

話しは逸れたが、このサービスの強みは「有料コンテンツの販売が容易にできる」ことにある。

 

 

 

実際に「有料コンテンツ」を販売してみた私

 

今回、実際に、金持ち父さんの実践書のアップグレード版を、この「note」で、お試し価格の500円で売ることにしてみた。

 

使ってみてわかったが「すごく簡単に販売が可能である」ことに驚いた。

 

PayPalを使って、今までプレミアムサービス等を行ってきたが、

その登録の手間やかけた時間に比べると、この「note」という、プラットフォームは

いとも簡単に販売ができてしまう。

 

実際に売れるかどうかは、個人のマーケティング力によると思うが、

販売までの障壁をいく段にも下げたことが、このツールのメリットである。

 

文章と文章の間に、イラストや図を挿入することもできるし、

リンクを飛ばせることもできる

 

ただ、PDFにしてやろうとしたけど、それはできなかったので、ご参考までに。

 

 

あと、無料の公開部分と、有料の公開部分を簡単に設定できるのも、すごく助かる。

 

加え、基本的な操作は今言ったことがほぼ全部だから、

要らないツールがなくていいよね。

 

シンプルさが、やはり勝手がいいのかも。

 

んで、実際に販売してみた「note」がこれだ↓↓

ad2

 

 

画面をクリックすると、実際の「note」でのコンテンツを見ることができる。

 

見てみて、どうだっただろうか。

 

 

少し、コンテンツの量が多くて、見るのに疲れてしまったかもしれないが、

「クリエイター」と「利用者」を繋ぐ、優れたプラットフォームであることは、

間違いないだろう。

 

 

おわりに

 

以上「noteで初めて販売してみた私「金持ち父さんの実践書 3つの収入源プロジェクト」アップグレード版」でした。

なんだか「note」の話で終わってしまったが、「金持ち父さんの実践書」の最新情報と今までのまとめとして、アップグレードさせたので、

読者の皆さまも、ご一読頂ければ幸いである。このレポートを読んで「どうしたら20代の会社員が資産を築けるのか」「時間も資本もない私がどうやって毎月収益を出しているのか」

がわかれば、あなたの支払った500円は万札へと変えることができるだろう。

 

今日も最後までありがとうございました。

読者登録の方もよろしくお願いします。

 

 

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、
「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。
ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です