4-5 2017年04月-日経225オプション取引結果

 

こんにちは、2017年4月のSQ日が過ぎましたので、今月分の日経225オプション取引の詳細を報告します。

先月から昨日のSQ日まで、日経平均株価の動きは下落気味でしたが、特に大きな変動はありませんでした。

 

ただ、現在は、世界経済が戦争リスクが高まっていることと、米大統領の政治的不安の理由より、

円高に伴い、日経平均株価は下落途中ですので、どこまで下落するかを見切った上で、これからの取引をした方がいいでしょう。

 

先月の相場の中、今年設定した目標「月利2%」を達成できたのでしょうか。



 

 

今月の結果について

 

先月から、積極的に取り入れている「レシオスプレッド」戦略。

今月も、この戦略をメインに取引を行ってきた。

その詳細を以下に示す。

 

①レシオの応用 ⇒ 時間差異を利用したスプレッド戦略

  • 02/14  04月-P145買  05円×1枚  -5,216円  ⇒  4/15  放棄  0円
  • 02/14  05月-P140売  11円×1枚  +10,784円  ⇒  3/21 返済買  1円  -1,216円  ⇒  差益+9,568円

小計 +4,352円

 

 

②前のlotの残り  ⇒  戦略がないため、早めに利益確定。

  • 02/15  04月-C217売  15円×1枚  +14,784円  ⇒  03/14 返済買  4円  -4,216円  ⇒  差益+10,568円

小計 +10,568円

 

 

高値のときのレシオスプレッド戦略

  • 03/03  04月-C213売  18円×2枚  +35,784円  ⇒   4/15  消滅  0円
  • 03/03  04月-C212買  24円×1枚  -24,216円  ⇒   4/15  放棄  0円

小計 +11,568円

 

 

④低値のときのレシオスプレッド戦略

  • 03/23  04月-P172売  20円×2枚  +39,784円  ⇒   4/15  消滅  0円
  • 03/23  04月-P173買  25円×1枚  -25,216円  ⇒   4/15  放棄  0円

小計 +14,568円

 

 

結果、すべての取引で利益を上げることに成功した。

4つの小計を足し合わせ、+41,056円が今月の結果となった。

2017年初月の628,359円に対しする割合にして、+6.5%

 

!!

 

月利6.5%を達成した。

目標を大きく上回ることに成功した。

 

なぜ、今回はこのような高い利率を上げることができたのだろうか。

 



 

今月の結果を振り返る

 

先月から昨日までの日経平均株価の動きは、ボックス圏内の動きであった。

 

つまり、高値の更新あたりで、チャートは頭打ち。

一方、低値の更新辺りで、チャートは底打ち。

(ただし、今は底値を更新しているので要注意)

 

こいうった相場だからこそ、今回は比較的安心して取引をすることができた

 

なぜ、ボックス圏の取引は、安心度が高いのだろうか。

 

その裏付けとして、

現在の株価は割高ということと

日銀による買い入れがあるから底値はなかなか更新されない状況

であったためだ。

 

私が検証しているレシオスプレッドは、

予想した相場にいかなくとも、利益をあげることができる。

ここまでは株価は行かないという領域で取引を行っているため、勝率が高いのである。

 

その一方、リスクとしては、無限大の損失がある。

というのは、売の仕掛けの方が多いためである。

予想をはるかに凌駕するような株価の動きがあった場合、

私は破産する。

 

分かりにくいと思うので、グラフにしてみた。

今回のコールのレシオスプレッド戦略③の損益図を見てみよう↓↓

 

04-option

 

今回の③の取引の場合、高利益がでる範囲は、

昨日のSQ日で21250円~21375のときだ。

これだとコール売からでけでなく、コール買からも利益が出た。

 

しかし、実際今日になってみると、日経平均株価が20,000円を超えるはずもない状況であった。

そのため、予想は外したが、売×2のプレミアムから、利益がでたのだ。

まずは、予想を外しても、利益を出る戦略だということを理解して頂きたい。

 

そして、予想を凌駕した時は、無限大の損失というリスクも理解して頂きたい。

ただ、その場合の確率は極度に低いし、もし仮にそうなった場合でさえ、ロスカットや戦略を組み換えることで、

対応することができるため、最悪のダメージを免れることはできると考えている。

 

あと今回の取引から大変、重要なことが含まれている。

それは…

 



 

 

取引を行うにあたって重要なポイント「タイミング」

 

そう、それは「エントリーする際のタイミング」である。

これはいつなっても、難しい。

戦略が良くても、時機を見誤ると、勝率が大きく下がってしまう。

 

そのため、とみますも、この「エントリータイミング」にはよく注意している。

 

今回のコールレシオスプレッド戦略③とプットレシオスプレッド戦略④を見てみよう↓↓

1704-option

 

見てわかると思うが、チャートは一定の振幅を保ったまま、上下している。

その上がったときに、コールレシオスプレッド戦略の③を、

その下がったりときに、プットレシオスプレッド戦略の④をしかけた。

 

これは、市場が高値や低値を更新しようとするとき、高値や低値を突破するかもしれないという思惑が流れるため、

オプションプレミアムの価値が高くなる。

そのタイミングを利用し、今回は積極的にエントリーした。

 

その結果、③は反転したため、利益の出る取引となった。

一方、④は引き続き下落したため、危険な取引であったとも見れる。

だが、その下がりに強さはなかったため、あと1000円の下落にも耐えうる取引となった。

 

結果、利益が安定したと思われる。

戦略に加え、エントリーのタイミングを間違ってはいけない。

 

 

 

さいごに

 

以上「2017年04月-日経225オプション取引結果」でした。

今回の結果は理想的な結果となりました。

この経験から、世界と日本の両方の経済に加え、独自の戦略だけでなく、エントリータイミングが大事であることを学びました。

 

読者のためにもなると思ったので、今回は詳細に説明しました。

今後、このような取引ができるように精進し、読者にシェアしていきますので、

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

世界経済および政治の観点から、今月から来月にかけては、様子見のガマンの期間となりそうです(´・ω・`)。

積極的な姿勢は控えめにした方が良いかもしれません。

 

今日も最後までありがとうございました。

読者登録では、読者が最新情報を定期的にゲットできるので、よかったらぜひ登録してみてください。

ペースメイカー的にご利用頂ければ幸いです。

 

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、
「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。
ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です