4-23 2017年06月-日経225オプション取引結果-「レシオ」で大失敗、3つの失敗要因とは

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

今月のSQ日が過ぎたので、日経225オプション取引の「月次報告」をしていきます。

市場としては、先月から今月にかけて、日経平均株価は「大きく上下」しました。

このような相場の中、今回「大失敗」しました。

その要因について「しっかり」と復習していきましょー。

それでは、どうぞ。

とみます
この内容は「日経225オプション取引」についてです。



 

どんな「大失敗」をしたのか

 

今回仕掛けてあったのは、通常通りの「レシオスプレッド」戦略。

4/18、相場としては下落していた。

わたしは「もっと下がるだろう」と予測し、「アウトオブザマネー」の「コール」の「レシオ」を仕掛けた。

だが、予想に反し、見る見るうちに、「日経225」は上昇していった。

 

 

失敗の要因① いつもと逆のタイミング

 

そう、まず最初の失敗は、使っている戦略は「レシオ」にも関わらず、「プレミアムの低いとき」に仕掛けてしまった。

いつもは、こういう場合「プット売」のレシオを仕掛けるのだセオリーだが、「暴落」を予測し、「コール売」をしかけた。

それが、そもそもの失敗だった。

いつもと違うことは、しないほうがいい。

 

ただ、幸運にも仕掛けていたポジションは、「C-200売」という、かなり離れた「アウトオブザマネー」。

5月のGWの急上昇でいったん「やばい」と感じたものの、すぐに下落していった。

 

だが…

 

 

失敗の要因② 利益確定をしなかった

 

そう、ロサンゼルスから帰宅後、仕掛けた「コール売」の価格は「ほぼゼロ」まで下がっていた。

なのに、そのときに売ってあったポジションの買戻し」をしなかったのだ。

そう「利益確定」をしなかった。

 

もともと、「レシオ」戦略は、仕掛けたタイミングで「利益額」が決まっている。

だから、早く「利益確定」することが「正しい判断」である。

 

なのにだ、そのときは、「まー、大丈夫でしょー。」という感じで、特に何もしなかったのだ。

 

その油断が命取りとなった。

 

そのあと、もう一度「日経225」は、急上昇していった。

 

「あー、どんどん、損失額が増えていく…」

 

「まーレシオだし、SQ日に「200から215まで」の間にあれば最も利益が出るし、大丈夫っしょ」

 

と、本来の目的を置き換えてしまった。

 

それが、さらなる悪夢を招くことになる。

 

 

失敗の要因③ キャパオーバー

 

 

そのときの状況をみてほしい。

 

ちょうど1週間前、日経225は20200を超えてきた。

 

そう、仕掛けた「レシオ」のキャパオーバーと言えばいいのか、「コール215売」を越えてしまったのだ。

 

そのときのスクショはないので、仮に「07C200」のチャートで説明する。

 

op-1706-2

 

①が、さっき言った「利益確定をするべき」タイミングである。

 

んで、②が約1週間前の「20000円への暴騰」のときである。

 

GWの暴騰が左の山で、それよりも「さらに急上昇」した。

 

「やばい」

 

そこで、私は損失を確定した。

 

それは「これ以上、上昇した場合、損失が無限大」だから。

 

その不安に耐えれなかった。「不安で不安でしかたがなかったのだ。

 

結局、そのあと、相場は「調整」を迎え、上昇することはなかった。

 

チャートのように下落していった。

 

ただただ、私は「無駄に高い所」で「大きな損失を確定」しただけだった。

 

うん、その額…

 

op-1706-4

 

仕掛けたポジションを差し引き、合計-120,997円。

 

そうマイナス約12万円

 

うひゃー。

 

今までの利益額が「全て吹き飛んだ」。

 

そう、3つめの失敗の要因は「精神的に耐えれなかった」ことと、「損失を少額で確定できなかった」点である。

 

 

 

なぜ、こんなに「急上昇」したのか

 

今までの傾向では、日経2万円を越えるときは「ドルに対して円が115円以上のとき」だ。

 

今は約110円である。そう円高。

 

なのに、なぜそこまで上昇したのか。

 

私が信頼している経済レポートによると「異常である」とのこと。

 

一部報道では「トランプ氏政権のリスクオフ」や「2万円前のもじもじを機関投資家が爆発させた」とある。

 

本当だろうか。

 

結局のところ、全くわからない。

 

個人的には「中国がビットコイン」を爆買いするように、「日本株」を爆買いしたのではないか、とも考えている。

 

根拠はないので、これは信用しないでほしいが、とにもかくにも「異常」である。

 

なので…

 

 

これからについて

 

そう、こういう場合は、「大きく相場が動く」ことが予想される。

 

それは、

 

  • 異常である「高値」が正常な位置に戻る。

 

あるいは、

 

  • そもそも今が正しくて、これからも「ぐーん」と伸びていく。

 

この数か月で、どちらかが起きると考えている。

 

 

 

私としては「前者が正しい」と考えているが、ポジションとしては今後「相場が大きく動く」に備え、そのためのオプション戦略を仕込んでいく。

 

すでに、7月分は、「6月」を犠牲にした際に、仕掛けた「ポジションの利益」を確定し、「暴騰」に備えている。

 

op-1706-4

↑さっきの図の真ん中2つ。

 

急落に対しても、安値の「プット買い」をし、「暴落」にも備えた。

 

これで、7月は安心して相場を眺めることができる。

 

ここ数か月間は、このような戦略を使っていく予定である。

 

 

 

おわりに

 

以上「2017年06月-日経225オプション取引結果-「レシオ」で大失敗、3つの失敗要因とは」でした。

 

失敗の要因は、

  • いつもと逆のタイミング
  • 利益確定をしなかった
  • キャパオーバー

でした。

 

どれか1つでも行えばよかったものを、それができませんでした。

 

強く反省しています。

 

だから、これからは絶対に、

  1. 「SQ日を迎えなくても、必ず利益確定を事前にすること」
  2. 「自分の許容できる損失額を決めておき、必ずロスカットすること」

を必ず行っていきます。

 

読者の皆さんも参考にしてみてください。

 

今回の失敗で「今までの全利益」が吹き飛んだため「1からのスタート」となります。

これからも、地道に「月利2%」を目指していきますので、応援の方もよろしくお願いします。

 

今日も最後までありがとうございました。

この記事は「1か月後に」見れなくなるので、ライン@登録の方もよろしくお願いします。

 

むずかしく感じたことは、昔のブログで詳細に説明していますので、確認してみてください↓

「カプランのオプション売買戦略」とは、これから「日経225オプション取引」を実践していく

 

 

 

公式LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「公式LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「80%」で、「満足率」も「80%」とのことでした。現在、43人の方が登録しています!!めちゃくちゃ嬉しいです。

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です