22年01月/ 1号アパートの家賃収入「CF+11.5万円」

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

1月早々に入居の申し込みがあったのですが…

まさかの契約後のキャンセル\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

入居するまでは、安心できねぇー。

と思っていた矢先、新たな申し込みが。

 

色々あるよね、築古アパート。

今月の不動産の月キャッシュフロー(CF)について。

 

レントロール(賃料)とCF(キャッシュフロー)

賃料 (円)
101 34,000
102 0 (2月入居予定)
103 0 (契約キャンセル)
105 35,000
201 30,000
202 30,000
203 30,000
205 30,000

小計 18.9万円

まずは、収益の確認から。

今月の家賃収入は、

  • 18.9万円。

 

これに、引くことの↓

  • 借入金返済 -62,680円
  • 管理費(5.0%) -9,450円
  • 振込手数料 -660円
  • 共用電気 -1,057円
  • 修繕費 0円

計 +115,153円。

 

空室2部屋でも、なかなかの収益に。

これは、1月の修繕費が発生しなかったため。

(しばらくの間、修繕費は発生しない見込みだが、いつボロが出るかが分からないのが築古アパート。)

 

現在の1号アパート借金は↓

  • 残債: 1138万円。(借入時:1200万円)
  • 残期間: 23年。

なかなか減らない。(CFを出すために、長期で組んでいる。)

 

空室2部屋の入居付け状況

 

1室目に入居申し込みがあり、契約も進んだのだが、まさかの入居当日に延長の連絡。

その後、契約キャンセルとなった。

 

うーん、残念💦

入居するまでは、安心できないのね。

 

契約後のキャンセルは、初めての経験で。

なかなか振り回される結果に。

 

一方で、別の部屋に入居申し込みがあったらしい!

こちらも審査まで合格されており、予定通りいけば2月からの入居になるそう。

 

おぉー、契約ベースでは、1室の入居だね(*´▽`*)。

ただ、油断はできないので、話半分程度にしておこう…

 

 

今年に入って、入居話が活発になっていることから、繁忙期に入ってきたことを実感し。

この勢いで、満室になることを願いつつ。

 

2号物件の取得に向けて

 

銀行の新規開拓に加え、条件を満たす物件が出てきたものの、まさかの売り止め。

>>支店長から承認を得るも、売主都合の売り止め…

 

その後、いつものように情報を収集していると、

+300万円近くで、その物件が販売されていることを発見。

 

まじか…

売り止めしておきながら、再度、別会社を利用して、高値で売り出している…💦

 

これが、不動産売買なのか。

まあ、高く売りたい気持ちは分かるが、振り回されている人たちもいるのよね。苦笑

今回は、縁が無かったということで、見送り。

 

今年から、長期金利が上昇局面になるかもだから、不動産価格が落ち着いてくることを願いつつ。

引き続き、市況に依らず、物件を探索していければ。

 

おわりに

 

以上「22年01月/ 1号アパートの家賃収入「CF+11.5万円」」でした。

 

前回の募集時よりも家賃を上げているものの、契約ベースでは2件発生した実績があり。

ヒアリングによると、この価格帯で、これだけキレイな状態は見当たらない、とのことで。

 

お、狙い通り、差別化できているのかな?

入居ベースでの満室に期待しつつ。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です