2022/01/20 nk225プットレシオのエントリー

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

nk225、サポートライン辺りまで落ちてきたので、アウトザマネーのプットレシオを仕掛けました。

すでに、反発していますが…後だしジャンケンです。

 

エントリー時の詳細をメモしておきます。

これは、中級~上級者向けなので、初心者はスルーしてください。

 

nk225オプションのエントリーログ

nk225option_220120-1

↑nk225の日足チャート。(PCの場合、クリックで拡大できる。)

縦の赤線(破線)は、SQ日を示している。

 

ちょうど、サポートラインと旧高値引き下げラインの重なるところまで下がり。

すでに、反発してしまったが、まあ、許容範囲か。

 

次SQ日まで期間が長いことと、ちょっとボラが上昇したため。アウトザマネーの価格はそれなりに付いており。

プットショートを軸にした、

  • プットレシオ

を仕掛けた↓

 

プットレシオスプレッドのエントリー

1/20 02月-P24000 買 40円×1枚 -40,220円
1/20 02月-P23500 売 27円×2枚 +53,780円

 

ざっと、説明すると、nk225が次のSQ日(2/11)に、

  • 24000円を上回ると、プレミアム価格差異の約1万円が利益。
  • 23500円~24000円の範囲内に入れば、約1万円+αの最大利益。
  • 235000円を大きく下回れば、大損失!!

といった、ポジション。

 

最大リスクは、これから、4000円以上の大暴落が来ること。

直前のサポートラインを割ると、下落スピードが加速するので、かなり遠めにとっている。

(次のサポートラインまで。)

 

まあ、何が起きるか分からないのが相場。

仮に、大暴落が発生しそうなタイミングが来たら、(=今回の場合も、27000円のサポートラインを抜けたら、ストップロス狩りで、売りは加速するだろう。)

  • 売り建てを1枚捨て、買い(ロング)のポジションに変える
  • 全てのポジションを切る

ことを、頭の片隅に入れておき。

 

ただ、24000円で反発すればいいので、仮にそのシナリオが発生したら、

その時のSQ日までの期限とプレミアム価格を見ながら判断することになるだろう。

 

nk225の今後の相場観

nk225option_220120-2

↑nk225の日足チャート。

 

いつものように、3つのシナリオを。

  1. 反発後、高値切り下げラインまで。→ここまで上昇してくれば、逆にコールショートを視野に入れておく。理想は両建て。
  2. サポートラインでの攻防戦が続く。→サポートラインの攻略に時間が掛かっても、プレミアム価格は剥がれるので、美味しいよね。
  3. 次の支持線まで。真空領域で加速して下がるが、どこで反発するか。→余裕を持ってのポジションだが、下降の勢いが強ければ、ポジション調整が必須に。

ってな感じ。

 

直近は、高値切り下げラインまで、反発力があるかどうか。

SQ日までは、約3週間と期限があるので、用心しつつ。

 

おわりに

 

以上「2022/01/20 nk225プットレシオのエントリー」でした。

 

高値を切り下げており、ちょっと嫌な雰囲気で。

それを察してか、アウトザマネーのプットもそれなりに高く。

 

大暴落が起きても、逃げ道の確保と、早めの判断は心がけておければ。

負けなし記録27か月を掛けて、行けるところまで挑戦していく。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です