汚部屋のトイレ尿石が取れない

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

汚部屋の現状回復DIYを。

今回は、トイレの尿石。

 

重曹やクエン酸の化学反応では、全く、取れず。w

マイナスドライバーで表面を削り、サンポールをに浸すものの…

 

結果を、簡単にまとめておきます。

とみます
この内容は「トイレの尿石が取れない」についてです。

 

トイレの尿石が取れない

203UrineStone200621-1

↑汚部屋の便器。

溝部が、尿石で固形化しており、水の流れが悪い。

ズゴズゴ…と、水を飲む音が。

 

203UrineStone200621-2

↑長年、放置されていたのだろうか…

かなり、石灰石が分厚い。

 

尿石取りDIYに着手するも…

203UrineStone200621-3

↑常時、所有している道具を使うのは、気が滅入るので、新規に購入。

  • マイナスドライバー
  • サンポール
  • ブラシ

ホームセンターで揃えた。

 

出来れば業務用の

  • デオライト

を試してみたかったが、販売しておらず。

 

まずは、

水を抜き、マイナスドライバーで、表面を削る↓

203UrineStone200621-4

↑ジャリジャリと表面の尿石が取れた。

一応、石が詰まるのが恐いので、取り出している。

 

203UrineStone200621-5

↑サンポールに浸す。

10分ほど、待機。

 

その間に、タンクの方も、重曹で磨き↓

203UrineStone200621-7

 

10分後…

203UrineStone200621-8

↑お、なんだ、この異様な色は。w

尿石のアルカリ性に対し、酸性のサンポールが反応した。

 

ところが、

ガッツリ取れていそうな感じはしたものの…↓

203UrineStone200621-9

んー、

微妙。w

 

尿石が、分厚すぎて、簡単に取れない。

これは、便器を丸ごと交換すべきか?

 

プロのクリーニング屋に聞き、

ダメだったら、そうしよう…

 

ロータンクと便器の間の水漏れ

 

その後、

一応、ロータンクを取り付けてみたが…

 

ロータンクと便器からの水漏れが。

多分、このゴムパッキンが劣化していたのだろう↓

203UrineStone200621-10

↑密結パッキンというらしく。

タンクの型番をメモし、とりあえず、発注。

 

総じて、

トレイの現状回復は、とても厄介。

 

何よりも、

尿石がめちゃくちゃ臭い…

 

the 汚仕事。トホホ。

まあ、小資本の内は、贅沢を言ってられないので、仕方なく。

 

おわりに

 

以上「汚部屋のトイレ尿石が取れない」でした。

 

専門業者に写真を送り、回答を待つと…

ひたすら、マイナスドライバー→酸性洗剤で繰り返す模様。

 

ここは、クリーニング単価を上げて、業者に依頼することに。

退去後の現状回復は、とても大変ですね。

 

試行錯誤を繰り返しつつ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「93名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です