【20年6月22日~】S&P500の相場感?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

VIXロングは、一旦、手仕舞いをしました。

直近のラインは、思惑が集中しており、どちらに転ぶのか…

 

S&P500やVIXを確認していきます。

とみます
この内容は「VIX投資」についてです。

 

S&P500の週足チャート

 

これまで、

  • 移動平均線
  • 一目均衡表

を表示させてきた。

 

これらは、大域的な動向を見るのに、とても役に立つ。

が、エントリーの決定打にはならない。

参考にはなるけどね。

 

そこで、今回から、基礎的な、

  • ライン

だけで。

VIX2006220-1

 

↑緩やかな上昇トレンドラインが引ける。

大域的には、買い手が有利な状況。

この範囲での長期投資家にとっては、のんびりと構えていることだろう。

逆に、この上昇トレンドが変わったら、大きく値が動くので、リワードを伸ばしていきたいところだが。

まあ、それは、ロンガーが窮地に陥るところなので、相当先。w

 

この場合、全くエントリーができないので、

もう少し、視線を下ろして。

 

まず、日足↓

 

S&P500の日足チャート

VIX2006220-2

 

↑今回、VIX先物ロングのエントリーしたところを「↓」で表示。

一方、「↑」は、2回に分けて利確し、分割決済。現在は、ノーポジション。

 

今回、エントリーした根拠は、S&P500のチャートからではなく、ダウの日足を根拠とした。

一応、載せておく↓

VIX2006220-5

↑皆が売ると判断したから。

 

というのは、

  • ダウ買い手の場合、ここで利確しないと、利が減るな。
  • ダウ売り手の場合、ここで新規に入れば、リスクリワード高いな。

ってな心境か。

 

 

ただ、悩んでいる点があって、

  • VIXは、S&P500のオプション取引動向が、値に反映されるので、無論、S&P500の値動きを見なければならない。
  • が、S&P500よりも、ダウの方が、ラインが効いている。(大衆がより意識しているのは、ダウ。)

ということ。

 

まあ、ダウが下がれば、S&P500も下がるので、

根拠として、良いのか?

 

そんな葛藤をしつつ、

VIXは、

  • S&P500
  • ダウ

の値動きをウォッチングしておけば良いのかなと。

 

んで、利確が一番難しい。

損切りは、資金管理で自ずと決まるので。

(バルサラの破産確率などにより、損失額は、投資金の2%くらい。)

 

今回の利確を振り返ってみよう。

 

S&P500の4時間足チャート

VIX2006220-4

 

エントリーと最初の利確は、良かった。

残ったポジションの利確が、微妙だったか?

 

下降トレンドラインを一旦、抜けたんよね。

そのまま、リターンムーブで、上に伸びてもおかしくなかった。

 

結果的には、ショーターが優勢だったのね。

まあ、確かに、高値は更新してないし。

 

ってことで、次のエントリーを探りつつ。

現状のVIX指標を。

 

3つのVIX指標

 

まずは、メジャーなVIX↓

VIX2006220-6

引用…https://jp.tradingview.com/symbols/TVC-VIX/

 

今で、

  • 35.1

 

まあまあ、高い。

S&P500やダウを見るに、警戒されているのだろう。

 

今できることは、

どちらに転んでも良いように、資金管理を徹底することー。

 

次いで、短期/中期のVIX↓

VIX2006220-7

引用…https://jp.tradingview.com/symbols/spread/CBOE%3AVIX%2FCBOE%3AVIX3M/

 

  • 0.96

んー、先週と、ほとんど同じ。

 

期近と期先の価格は↓

VIX2006220-8

引用…http://vixcentral.com/

 

期近が高い、バックワーデーション相場に。

その率は、1.71%。

 

おいおい、

ホントに、10月の選挙を飲むくらいの展開やん。w

 

選挙が終わるまで、

VIXショートの旨味は無いわね。

 

次のVIXロングのタイミングを図りつつ。

さいごに、今週の相場感を。

 

今週の相場感?

VIX2006220-9

↑S&P500の4時間足チャート。

 

いつものように、3つのシナリオを。

  1. 上昇トレンドラインを堅持する。が、一旦、抜けているので、弱いか。 (こうなったら、様子見。)
  2. 緩やかな上昇トレンドラインの、リターンムーブ。 (VIXロング狙い。)
  3. 安値を切り下げる。(そのまま下げる場合は、見送り。リターンムーブ待ち。)

 

今週は、意識が集中しているので、上下が激しいかもね。

上昇トレンドラインがこれまで堅持されてきたので、トレンドが変わる前に、仕掛けれれば最高。

 

おわりに

 

以上「【20年6月22日~】S&P500の相場感?」でした。

 

今週は、

  • 緩やかな上昇トレンドラインを割るかどうか。
  • 割ったら、買い手が逃げるので、VIXロングが美味しいかもね。

ってな感じかな。

ただ、ジャブマネーの爆上げには、警戒しつつ。

必ず、ロスカット設定を。

 

*ボラティリティが高い時のVIX売買は、扱いが難しいので上級者向け。

>>GMOクリック証券CFD

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINEオープンチャットの登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「93名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です