汚部屋の玄関ドアの内装仕上げ

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

汚部屋の内装仕上げを。

今回は、玄関ドア。

 

部屋の顔であり、内見時の第一印象を決める、とても大事な建具で。

どうやってキレイに仕上げるか…

 

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「玄関ドア内装DIY」についてです。

 

汚部屋の玄関ドアのビフォー

203door200714-1

↑汚部屋の玄関ドアの状況。

当初は、郵便箱に大量の広告紙が入っており。

 

203door200714-2

↑表層は、まあまあ、キレイ。

5,6年前に外壁塗装がされている。

 

そのままで良さそう。

が、チャイムは、古臭いので交換する。

 

玄関ドア内装DIY

203door200714-3

↑まずは、ドアに付いている、外せるものを外す。

 

203door200714-4

↑初めて着手した時は、ハンドルを外さずにやったので、大失敗した。

外し方は検索すれば出てくるので、必ず、外そう。

その方が、楽に、キレイに仕上げることができる。

 

203door200714-5

↑お化粧前の写真。

四角の隅にプライマーを塗り。

 

203door200714-6

↑リアテックを+10cmほどに裁断する。

 

203door200714-7

↑これまでは、ドアを外していたが、付けたままでも行けそう。

 

203door200714-8

↑慣れれば、とても簡単。

リアテックは、空気を抜きやすいし、カッターでの隅の切り合わせも、施工しやすく。

 

203door200714-9

↑取り外したモノを復旧。

 

メールボックスの取り付け

 

さすがに、これは、そのまま使えない↓

203door200714-16

 

そこで、モノタロウで取り寄せ。

早速、取り付けたものの…↓

 

203door200714-10

↑メールボックスの厚み分、長いねじを利用したら、ねじ長が余り。w

(郵便箱は約3300円。)

 

203door200714-11

↑そこで、ナットやワッシャーなどを、ホームセンターで購入し。

 

203door200714-12

↑こんな感じに、厚みを持たせ。

 

203door200714-13

↑これで完了。

 

玄関ドア内装アフター写真

203door200714-14

↑じゃん。仕上がった。

良く見ると、クローサーは、まだ完了していないが。w

これは、隙間時間に。

 

203door200714-15

↑ついでに、TVインターフォンも。

設備のグレードアップは、印象が良いし、検索カテゴリー時の差別化に。

 

このインターフォンは、約1万円。

2~3月は、1.5万円以上に、高騰していたので、ある程度、在庫を持っておくと良いかもね。

 

おわりに

 

以上「汚部屋の玄関ドアの内装仕上げ」でした。

 

汚部屋は、施工箇所が多いですが、ビフォーアフターが映えますね。w

玄関ドアも、ほぼ完成し。

 

DIYの自己満で終わらせるのではなく、入居付けにどう繋がるか…

気長に検証していければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「92名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です