汚部屋のキッチン内装⑤IHコンロ

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

汚部屋キッチンの原状回復の続きを。

今回は、IHコンロの取り付けDIY。

 

キッチンが、キッチンらしくなりました。w

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「IHコンロ」についてです。

 

IHコンロのビフォー

203kitchen-IH200712-1

↑既設のIHヒーターを外し、パネルを除去した状態。

養生テープで保護してあった。

>>汚部屋のキッチン内装①前処理

 

アイリスオーヤマのIHC-B112-W

203kitchen-IH200712-3

↑お馴染みのIHコンロ。

 

一度、施工経験があるためか、とても簡単な部類。

203kitchen-IH200712-4

↑ダンボールから中身を取り出す。

説明書がシンプルにまとまっていて、分かりやすい。

 

203kitchen-IH200712-5

↑仮置き。

お、ぴったり、ハマった。

穴の加工は不要だねぇ。

 

強く押すと、若干、凹むが…

まあ、大丈夫か?

 

203kitchen-IH200712-6

↑下から覗いた状況。

矢印で示した、引っ掛けがあるので、そこに付属のスポンジを貼り付け。

 

203kitchen-IH200712-8

↑完了。

 

電源も付くことを確認。

余裕があれば、鍋を持ってきて、正しく動作するかをチェックするか…

 

とりあえず、今日はここまで。

キッチンらしくなってきたわい。

 

おわりに

 

以上「汚部屋のキッチン内装⑤IHコンロ」でした。

 

汚部屋の空室クリーニング予定日が、来週なので、それまでには、設備を一通り仕上げたく。

 

また、他の空室への問い合わせがちょくちょくある模様。

決まるのか!?

 

気長に期待しつつ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「92名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です