汚部屋の靴箱をリメイクシートで

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

ラスト1室(汚部屋)の原状回復の続きを。

今回は、靴箱のリメイクを。

 

既存のモノを利用して、お化粧していきます。

とみます
この内容は「靴箱の原状回復DIY」についてです。

 

汚部屋の靴箱の表面処理

203-shoebox200705-1

↑靴箱も、やはり、汚い。

新規品を購入しても良いが、外し方が分からない。w

 

廃棄の搬送も面倒なので、このまま利用していくことに。

賃貸の原状回復あるあるなのだが、シールが貼られていることが多い↓

203-shoebox200705-2

↑なにこれ? 不明なシールが。

インテリアバールで、もぎ取っていく。

 

203-shoebox200705-3

↑三角形の引掛けシールも良くあーる。

 

しつこいシール残りに対しては、

を噴射し、

にて、表面を平らに。

 

何事も、下地処理が大事。

面倒で嫌いだけど。w

 

そして、下地処理を終えたら、

を角に塗り。

事前処理することで、粘着性がUPするそうで。

 

そして、お気に入りのリメイクシートを。

>>サンゲツの提供するリアテック。TA4742(白色)をDIY

 

サンゲツのリアテックTA4742(白色)

 

白色は、失敗すると、目立つので、初心者にはオススメできない。w

私も初心者だが。w

 

半年前に、3室分のバルク買いをしているので、致し方なく。

まずは、天板↓

203-shoebox200705-4

↑下地に、切れ目があったので、そのラインが浮き出ているが…、まあ許容範囲でしょう。

良く見ないと分からない。(左端の近くに、縦のラインがある。)

 

203-shoebox200705-5

↑次に、横、扉の全面を。

ホント、見違える…

 

203-shoebox200705-6

↑内側もバッチリ。

あとは、取っ手や磁石を取り付けて完了。

 

靴箱の原状回復DIYのワンポイント?

 

ここまでで、合計3時間くらい。

基本的に、扉を外さないで、施工している。

 

というのは、

築古の物件なので、金具やネジがバカになっていることが多く、

取り外したは良いけど、元に戻らないことが多々ある。

 

そうなると、余計に時間と手間が掛かるので、

そのまま、施工するようにしている。

 

その分、貼り方が難しくなるので、おススメはできないが…

慣れれば、こっちの方が早い?

 

とりあえず、

靴箱の原状回復は、これにてオシマイ。

 

退去や2号アパートを買わない限り、

当面はしなくて良さそうね。(嬉)

 

おわりに

 

以上「汚部屋の靴箱をリメイクシートで」でした。

 

外注にしたら、2万円くらい?

もっとするのかな?

 

検索しても出てこないので、

賃貸アパート原状回復向けに、ピンポイントのサービス(ビジネス)でも始めようかな。

 

けっこう需要がありそうな、無さそうな?

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「92名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です