205号室バランス釜回収+給湯器と浴槽の新設

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

205号室のDIYリフォームを進めています。

今回は…浴室のバランス釜!!

 

…DIYできないので、業者に依頼しました。w

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「バランス釜の交換」についてです。

 

バランス釜を給湯器に(外から見た写真)

205diy_gas200213-6

 

↑205号室は、一番奥の部屋。

末端に、こんな感じの

  • バランス釜の排気口 (写真右下)

が。

 

築30年以上の地方木造アパートに、良くある設備。

必ず、下見の際は、確認を。取り換えるのに、けっこうなお金がかかるから。

 

が、今回も、202号室同様、プロパンガス業者の投資協力を得て、

  • 給湯器+バスタブ

をサービスしてもらう↓

205diy_gas200213-1

↑今日確認したら、給湯器に。(*´▽`*)ワーイ。

  • 20号で、
  • 追い焚き機能付き。

 

地味に、

マイホーム戸建ての給湯器よりも、給湯能力高いし…。

 

まあ、一人暮らしには、十分ってことで。w

 

浴槽(バスタブ)の交換/新設

205diy_gas200213-5

↑バランス釜って、場所を取るから、浴槽が一回り小さくなるんさな。

そこで、浴槽も新規交換に。

 

ばん!

205diy_gas200213-2

 

おぉー、

ピッタリのサイズ(*´▽`*)。

 

やっぱ新品は良いね。

最低限の設備投資は抜かりなく。

 

あと、給湯操作パネルは、一部、途中みたい↓

205diy_gas200213-3

 

↑仕上げ作業含め(水回りのコーキング等)、クリーニング後に再度依頼かな。

 

そして…

リビングの床も着々と↓

 

205diy_gas200213-4

 

床が完成(*´▽`*)。

前回通りの、反復練習だね。

>>202号室の畳をクッションフロア(サンゲツのHM-4057)に施工。

 

5万円で済むのが、小資本にとって、とても嬉しく。

どんどん慣れて、時間効率を上げていければ。

 

おわりに

 

以上「205号室バランス釜回収+給湯器と浴槽の新設」でした。

 

戸建と違って、賃貸1Kは、とにかく修繕がやりやすい。

賃料も、割安と言えど、3万円前後取れるので、1棟モノも悪くなく。

 

~3月の繁忙期に合わせて、淡々と仕上げていこうかー。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「44名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です