4-7 20代会社員のここがヤバい「金融リテラシーが低い」問題と対策案

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

今日は、20代の金融リテラシーについて。

ある調査によると、20代の金融リテラシーはめっちゃ低いらしい。



 

 

世代別の金融リテラシーについて

 

ではさっそく↓↓

じゃーん。

finance

引用元…金融広報中央委員会(2016)

 

このグラフは「金融について知識がある」人の割合を示したものである。

20代42.9%で最も低い(´・ω・`)。

ヤバいぞ日本、これからどうなる日本。

 

因みに、この調査は、日本人25000人を対象としている。

もちろん、北は北海道から南は沖縄まで。

年齢は、18~79歳と幅広い。

 

ちゃんとした調査機関の、そこそこのデータ数なので、私は信じることにした。

 

この調査では、家計管理、ライフ設計、金融、経済、保険、ローン、資産形成などの分野において、

質問を出し、その正解率がどうだったのかを調べている。

 

「正解率が低い⇒金融リテラシーが低い」という定義だ。

 

まあ、人生経験も浅いし、この程度の結果なのだろう。

 

だが…

 

 

 

 

「無職」より低い「会社員」

 

そして、びっくりした結果がこれだ↓

finance2

引用元…金融広報中央委員会(2016)

 

右から2番目「無職」の60.0%よりも「会社員」55.9%と約4%も低いのだ。

因みに主婦にも負けている…。

 

これは、どういうことなのか。

 

あくまで、私の推測だが、無職の人は

金融商品からの収入で働かずして生計を立てている」のだろうか。

年金暮らしだとか。

 

いいな、そんな生活。

サラリーマンだって頑張っているのに。

 

そして、…

 

 

米国の高校生と比べられた、日本の大学生

 

他にもこんなデータが↓↓

finance3

引用元…金融広報中央委員会(2016)

 

↑これは、複利に関する問題の回答率。

 

なんと、日本の大学生は、アメリカの高校生に負けている。

うーん、確かにアメリカの授業では「お金」の授業があるらしいが、それにしても…

 

やばいぞ、日本。

「大学生だけか」と言ってられない、新卒の20代サラリーマンもだ。

 

複利を知らないのは、やばい。

たとえ、持っているお金が少なくとも、複利の作用は、時間が経つにつれ増大していくため、小さな力で、大きな資産を築けるためだ。

 

 

ここを目指してほしい

 

「いや、やばいのはわかっている」

このブログにたどり着いた、鼻の利く読者ならそう思っているだろう。

そうだ。その通りだ↓↓

 

finance4

引用元…金融広報中央委員会(2016)

 

このグラフは、望ましい金融行動をとる人の割合を示している。

正解率が高いほど、正しい金融行動ができる人だ。

つまり、投資でリターンを得ている人だ。

(と解釈している。)

 

自分の立ち位置はどこか。

そう、左下だ。

 

ここから、右上を目指していく必要がある。

 

つまり、金融リテラシーを高めていく必要があるのだ。

 

 

では、どうやって?

 

 

 

まずはインターネットで情報収集

 

これを見てほしい。

みんながどうやって情報収集しているのかがわかる↓

 

finance5

引用元…金融広報中央委員会(2016)

 

なんと、ウェブサイトが最も高い

 

言われてみれば、確かに私もすぐにググるわ。

 

一番右の専門家への相談が低いのはちょっと驚き。

なにせ、とみますは、直ぐに人に聞くから。

もちろん、両親や知人にではない。

金融リテラシーの高い人投資でプラスの収益を出している人たちからだ。

自分の足を動かして人脈を作ってきたおかげで、金融の力でやっとプラスの収益を上げつつある。

 

話しはそれたが、やっぱWEBだよね。

まあそれは、家から出るのは面倒だし、地方だとそもそもその人を探すのが難しいし、WEB上に有益な情報があったらググった方が良い。

 

情報はWEB上にたくさんある。

ただ、ありすぎる。

そのうえ「ホントかよ~」と思うくらい、えせ情報も多い。

 

ただ、中には、良質な情報もあるので、根気よく探してく必要があるだろう。

 

 

そして「身銭を切って始めてみる

 

ある程度の情報の収集力と識別力が付いたら、実際に「あなたが気になった」金融商品を購入してみるのがいい。

もちろん、自分が出せる購入資金からである。

「恐い」「不安だ」と感じる状況では、あまりいい結果は得られないので、自分が「安心できる」範囲でトライしてみる。

 

そして、人間、買った金融商品の動向は、必ず気になる。

 

そこで新たな気づきが得られるし、金融商品をフォローすることで、より専門的な知識を得ることに繋がるだろう。

結果、金融リテラシーが徐々に身に付き、金融商品からの収入という、素晴らしい報酬を得るだろう。

 

 

おわりに

 

以上「20代会社員のここがヤバい「金融リテラシーが低い」問題と対策案」でした。

今後「個人が金融商品から収入を得ていく」という構造が、当たり前な時代になりつつあるので、早めの一歩を読者に勧めている。

そのために「情報収集力、情報識別力、実践力」が、20代会社員が生きていく上で必要不可欠なスキルになる。

 

より具体的な方法は、私のブログで発信している。

更新のお知らせを公式ラインで発信しているので、あなたはライン登録をするだけで、身のためになる情報を取得でき、結果、金融リテラシーが高まっていくだろう。

今日も最後までありがとうございました。

私たちで「日本の金融リテラシーの向上」に貢献しちゃいましょ。

 

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「15%」とのことでした。現在、55人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です