2号アパート候補物件の打診結果、融資仮審査「落選」…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

2号アパートの打診結果が出ました。

長かった。打診開始から、約3週間が経過し。

 

その結果…

ダメでした。(泣)

 

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「審査落ち」についてです。

 

融資審査「落選」の通知

 

約3週間前のブログ。

>>2号アパート取得に向けて、買付の申込と融資の打診

 

気になった物件があったので、

  • 三井住友〇ラストL&F

に打診したが、半分程度の融資金額の回答で。

 

一方、これまで地元の金融機関を開拓し、

初めて、仮審査を打診することになったが…

 

結果は、

  • NG

とのこと。

 

落ちた理由とは

 

私の場合、新規の一見に相当するので、

  • 信用保証協会

を通すことになる。

(金融機関の独自融資、いわゆる、プロパーは、信頼関係を積み上げてからだそうで。)

 

その保証協会の回答が、NGだったのだ。

これまでに、追加資料↓

  • 契約書のひな型
  • 重要事項説明書のひな型
  • 口座の明細

などを用意し、順風満帆に、進行していると思ったのだが…

 

残念。

支店長に理由を聞くと、

  • 協会からの理由は公開されない

とのこと。

 

ただ、支店長の感触、曰く、

  • 建ぺい率over

が、引っかかったかなぁ? と。

 

まあ、今回の物件は、

とある理由で、建ぺい率がoverしてたんよね。

 

当初より、チャレンジな打診だったわけ、

(まあ、それでも、落ちるのは、ツライが。)

致し方ない。

 

んでだ。

こんなアドバイスも頂けた↓

 

返済実績を作る

 

たとえば、

運用資金で、100万円を借りて、その返済実績を作る。

(数年でも15年でも、期間は関係ないらしい。)

 

そうすると、

  • 次の融資を引きやすく

なるそうで。

 

なーる。

良く本などに、書いてある内容だね。

 

運用資金か…

たとえば、1号アパートの大規模修繕などかな?

(外壁塗装と屋根防水を、7年前くらいに実施しているので、あと5年くらいは、大丈夫そうだが。)

 

そういった戦略も、今後の活動には、必要なのかもね。

なにせ、コロナ禍で、かつ、金利上昇局面? にあるので、銀行さんも、以前として、慎重な姿勢かと。

 

実績作りと、属性の向上が今後の課題。

並行して、2号アパートの候補物件を探索していければ。

 

おわりに

 

以上「2号アパート候補物件の打診結果、融資仮審査「落選」…」でした。

 

銀行から連絡を頂戴してから、仲介業者に連絡し。

なかなか与信が付かない物件ということもあり、今回の審査に仲介業者も期待していたわけだが…

 

力及ばずで、申し訳ない。

また、良い物件があったら、連絡してくれるとのこと。

 

とても親切な仲介業者との、ご縁にも感謝しつつ。

こういった地道な活動を続けていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「121名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です