3倍3分法イベント動画公開!! ナナメ読み

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

前回、見逃してしまった、グローバル3倍3分法のLIVE動画配信。

ようやく、過去動画の閲覧が可能に。

 

内容を簡単にチェックしていきます。

とみます
この内容は「3倍3分法の動画配信」についてです。

 

 「山崎元が斬る!グローバル3倍3分法」イベントが動画公開

3bai3bunpo191115-2

>>山崎 元が斬る! グローバル3倍3分法 イベントレポート

 

前回、見逃してしまった↓

>>【本日15時~】山崎元が斬る!グローバル3倍3分法

 

現在、流行気味の、レバレッジ型ファンド。

このファンドの印象としては、株と債券のバランスが良さげ。

 

気になったところをメモしておく↓

 

3倍3分法、レイダリオが発端?

 

もともと、株と債券のバランスは、

  • 株5: 債券5
  • 株6: 債券4

などが、広く知られている。

 

が、

  • レイダリオ

いわく、

 

債券の割合が、全然、足りねーだろ。

株式の動きに対して、3倍は欲しい、と。

 

これが、きっかけ?

まさか、ダリオ氏だったとは。

 

若者のレバレッジは、リスクヘッジ?

 

つみたてNISAのように、毎月、投資金を積んでいくと、最後の方のリターンの変動リスクを大きく受ける。

 

だから、将来のリスクを減らすために、

買って、ホールドよりも、若い内に、レバレッジをかける方が、理に適っている、と。

 

うん、これは良く分かる。

  • 不動産投資のための借入
  • FXやCFDの証拠金トレード

などなど、使える信頼は、とことん、利用している。

 

信用の、てこの原理。

だから、レバレッジ型が注目を集めているのかもね。

 

人的資本 1~2億円。

目の前にあるお金よりも、自分の価値(信頼)を大切にしつつ。

 

ただ、扱いには、注意だけど。

 

ロールオーバーのコストは

 

国によって、差はあるが、

期近を売って、期先を買う。(ロールオーバー)。

 

スプレッドとも言うが、

運用元いわく、上手くやれているらしい。

 

上手く、濁らされている気も?  w

まあ、全体的に、コストが安いので、そこまでに、気にせずに。

 

最大リスクは…

 

たとえば、リーマンショック級の金融ショック。

金利が上がって、株が売られるような時に、一番、3倍3分法は弱い。

 

何だかんだ言って、

  • 株+リートで100
  • 債券200

と、1:2くらい。

 

債券の割合が、ちと低い?

株のように、大きく下落する可能性も。

 

債券でヘッジしているのが、それが、機能しないことが、最悪のシナリオだね。

まあ、覚悟として、大きく下落する可能性がることを、予め、想定しておく。

 

おわりに

 

以上「3倍3分法イベント動画公開!! ナナメ読み」でした。

 

資本力の小さい30会社員なので、

レバレッジや証拠金、さらに、借入などの、信用? 担保? を、上手く利用し、資金効率を高めて投資していければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1147名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

3倍3分法イベント動画公開!! ナナメ読み” に対して 2 件のコメントがあります

  1. mas より:

    とみますさん
    いつもありがとうございます。

    待ってました!! たまに見に行っていたのですが、最近行っていなかったのでたすかりました!!
    勉強します。

    しかしながら思ったよりも暴落時に弱いようですね、、、。
    情報いただけてたすかりました。

    ちなみにとみますさんは暴落時にも下げづらいファンドなどご存知でしょうか?
    わたくし的に色々しらべて米国ETFのLQDなどはどうかと思っているのですが、、、、

    お知恵を拝借させてください~。

    1. とみます より:

      masさん、
      LQDを教えて頂き、ありがとうございます!!
      債券系にあまり詳しくありませんが、リーマンショック時も、下げていますね、
      なら、逆相関を持つ、ファンドの方がいいように思えます。
      か、インバース型のファンドは、買い手が少ないと、原資産指数に対する相関が薄くなるリスクもあり…

      私が辿り着いたのは、
      ・VIX買い
      ・プットオプション買い
      ですかね、ただ、先物は期限(ロールオーバー)があるので、毎月、買い続けるのは、小資本にはキツイ…

      (過去
      保有株が含み損になる前に、利益を守る5つの方法)

      ってことで、環境認識を身に付けて、取れるところで、利益を取るスタイルに重点をおいています。
      リスク市場に投じる資金時間を控えめにしつつ、一方で、余剰資金の少額を積み立てNISAのように、増していく感じです~

      資金力に余裕があれば、毎月、保険料として、掛け捨て運用もできるかもですが。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です