理系院卒のメーカー勤務「会社員6年目」給料と支出

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

6年目の会社員となりました。

何だかんだ言って、はやいもので。

  • 理系院卒
  • 中堅メーカー勤務
  • 6年目の定期昇給
  • 給料推移と支出推移

ざっくり、まとめておきます。

とみます
この内容は「会社員の給料と支出」についてです。

 

会社員6年目の給料

 

4月の給料が入った。

 

大学生の時から、

  • 経済的自立

に憧れ、シミュレートしてきた。

>>【理系院卒×会社員の新卒年収】給料だけで何歳まで生きれる?

 

それが、年々、実プロットとなっていく…

今月の4月分を反映させ、全部で、6点↓

aseet190429-1

(エクセルの関係上、軸の変更が難しく、3月と表示される。プロットは、4月である。)

 

当時、シミュレートしていた推移と、ほとんど同じである。w

 

今年、6年目の昇給は、

  • +8,600円!!

 

去年と同じ。

ありゃりゃ。

分かっていても、残念。

 

まあ、増えないよりは、マシか。

ちなみに、上図は、残業代を含めない、基本給のみ。

 

残業代は、というと…

とてもボラティリティが高い↓

aseet190429-2

 

忙しいときと、そうでないときがあるからね。

まあ、大体、これくらいのブレだ。

 

先ほどの基本給に加え、残業代を加味して、

  • 35万円前後。(額面)。

 

それに、年金や健保、税金などで、

  • 6~7万円

持ってかれる。

 

結局、手取りは

  • 30万円弱 (残業込)

くらい。

 

そんなもん?

問題は、ここから。

 

ざっと、

  1. 会社員の給料 ←簡単には変えられない。
  2. 支出 ←増やし過ぎない。
  3. 収入 ←投資やスモールビジネスの構築

 

ってな感じに、行動してきた。

今日は、②支出の状況を。

 

会社員6年目の支出(社会保険料や生活費)

aseet190429-3

 

2016年(会社員3年目)、寮を出て、賃貸に住み始めた。

そのため、家賃が大幅に増えている。

 

支出計で、

  • 17万円弱。

 

そして、ここ3年間、17万円を堅持することができた。

これは、すごい。

 

というのも、これまでの計画として、

  • 支出17万円

と、概算してきたから。

 

ザックリ言って、

  • 経済的自立=給与以外の収入>支出。

 

支出が多いと自立の条件は厳しくなる。

なので、当面は、これをキープできれば。

 

んで、

  • 32歳までに、
  • 770万円を、
  • 月利2.3%で、

運用すれば、経済的自立を成すと。

>>達成すべき利回り

 

令和になっても、変わらず、

  • 770万円の確保
  • 月利2.3%の運用できる

状態を目指していく。

 

おわりに

 

以上「理系院卒のメーカー勤務「会社員6年目」の給料と支出」でした。

 

まずは、会社員の個人キャッシュフローを確認することで、課題を見える化しつつ。

(今は消費している家賃を、資産化できないかなぁ。)

 

次は、投資やスモールビジネスを加味した、キャッシュフローをまとめる予定。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「832名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です