仏壇スペースの解体DIYリフォーム

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

築古の家によくある、仏壇スペースや仏壇の置き場。

正直、不要なので、この場所を解体していきます。

 

そして、収納スペースを作っていきます。

とみます
この内容は「仏壇スペースのDIY」についてです。

 

仏壇スペースの解体DIY

hotoke191122-1

↑本日のターゲットは、仏壇スペース。

築30年前の建物には、良くある。

おそらく、流行していたのだろう。

 

バチが当たるかもしれない?

いや、神仏は敬っているので、問題ないだろう。

 

まずは、ここを解体していく。

床から↓

hotoke191122-2

↑う、

湿気を吸い取っていて、板が、ブヨンブヨン。w

今にも、落ちそう…

 

床を取り外すと↓

hotoke191122-5

↑数本の根太で、支えられており。

 

んー、耐久性が無いね。

重たいモノを乗せても大丈夫なように、補強することにした。

 

仏壇スペースの床補強

hotoke191122-6

↑追加で、根太を増やした。

さらに、断熱材を入れることで、布基礎からの冷気を遮断できる。(冬は暖かい)。

 

床を補強することで、人が出入りしても、大丈夫なようにしておく。

hotoke191122-8

↑その上に、合板を敷いた。

うん、良い感じ。

 

ここで、大人がジャンプしても落ちない。

(そんな場面はないが。)

 

次は、砂壁を↓

 

仏壇スペースの壁造作

hotoke191122-16

↑砂壁の上に、直接、べニア板(4mm)を貼った。

インパクトドライバーを使って、ビスを打ちこんでいく。

 

その後、

  • シーラー塗り(あく止め)
  • パテ処理
  • サンダー
  • クロス

を行う。

 

緑色の砂壁が見えなくなっただけでも、大分、印象は変わるね。

明るめの白い壁紙を貼る予定、とても楽しみ(*´▽`*)。

 

ちなみに、不要な砂壁に対しては、力技で、壊していく↓

 

不要な壁はバールで切り抜く

hotoke191122-10

↑バールで叩くと、崩れていく。

大きな穴ができる。

 

hotoke191122-11

↑途中の写真。

砂壁が崩れ落ちている。

 

次は、中段のガラス↓

 

仏壇スペースのガラス処理

hotoke191122-12

↑上から見た写真。

可能な限り、不要な柱を取り除いていく。

 

hotoke191122-13

↑基本的に、横方向の柱は、取り外しても、家が崩れることは無い。

数本の切れ目を入れ、各木材を取り外していく。

 

 

hotoke191122-14

↑仏壇ガラス周辺の柱を取り除くと、ガラスがようやく動いた。

スライド式で、上に引っ張ると取り外すことができた。

 

仏壇スペース解体DIYのビフォーアフター

 

ビフォー↓

hotoke191122-1

緑色の砂壁が、築古感を漂わせていた。

これから洋室化を進めていくにあたり、不要と判断し、

  • 床の補強、
  • 不要な壁の切り抜き
  • 壁の造作

を実施した結果↓

 

アフター↓

hotoke191122-17

↑縦の長い、収納スペースに大変身!!

これだけ広いと、

  • 掃除機
  • 本だな
  • クローゼット

色々な収納に使えそうね。

完成まで、もう少し。

 

おわりに

 

以上「仏壇スペースの解体DIYリフォーム」でした。

 

初めての仏壇スペースの解体と造作。

想定よりも上手く行ったかな?

 

最終的に、このスペースは、本棚を作り、設置しました。

車輪を付けることで、出し入れラクチン♪

>>嫁が本棚DIY。大き目なファイル(B5~A4)収納が可能に

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINEオープンチャットの方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「127名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です