地方築古アパート4年を振り返って、ワースト3位の事件簿

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

1号アパートを購入してから、4年が経過しました。

今は満室稼働でキャッシュフローが潤沢ですが…

 

それに至るまでは、苦労の連続で。

記憶に残っている出来事、ワーストNo3を報告します!

 

①身寄りのない生活保護者の病死

 

人は死を避けれない。

分かっていたことだが、大家だったら、いつかは経験するよね。

 

残念なことに?

  • 孤独死 (室内で死を迎える)

では無く、

  • 病死 (病棟で死を迎える)

であったため、孤独死の保険は使用できず。

 

さらに、遠くに住む親族は、相続放棄。

こうなると、市も、保証会社も、管理会社も、助けてくれない。

 

目の前の無残な部屋の状態を、大家が泣き寝入りするしかなく。

当時の原状回復は、今でも鮮明に覚えている。w

>>生活保護者が病院で自然死、身寄りがないので大家で残置物を確認

 

さらに、追い打ちにかけるような出来事が…

 

②女性入居者が鬱で実家に帰省、別の男が住んでいた

 

原状回復を進めていくことで、別の問題があることに気づいた。

当時、入院されていたので、しばらくこの1階の部屋は使われていなかった。

 

ん?

2階から、足音がする。

 

管理会社から、

  • 入居者(女性)が鬱で実家に帰省していて、部屋は使われていない

と聞いていた。

 

えー

バリバリ生活音がするんですけどぉぉ。

 

  • 友達が空気の入れ替えに出入りするらしい。

 

いやいや、それはオカシイ。

というのも、その2階のトイレから、ウ〇コ水が流れてきたから。w

 

結局、男性が住んでいたよね。

だれ? 入居者との関係性が気になるわ、聞かなかったけど。

 

んで、そのトイレの水漏れが3位ね。

こうも連続事件が起きるとは、コナンを見ているようだわ。

 

③2階からの汚水漏れで、天井が真っ黒に

 

もし1階の入居者が健全に生活していたら、異変に気付くので、ここまでは酷くならなかっただろう。

>>汚トイレのカビ天井を開けると…原因は2階からの汚水漏れ(泣)

 

あいにく、入院中だったので、2階の汚水漏れに気づくのが遅れてしまい。

相続放棄を受けて、大家自身が突入するまでに、時間が掛かったのだ。

 

結局、天井だけで無く、背面の壁もボロボロ。

>>トイレの床・壁・天井の石膏ボードの解体・貼替えDIY

 

嫁の協力もあって、DIYで乗り越えたけど、

外注してたら、とんでもない費用が掛かっていただろう…

(当時の目安でいうと、内装・大工の外注費は、原料費の2~3倍くらい。)

 

とまあ、これを乗り越えて、今があるんよね。

高利回り地方築古アパートは、それなりにハードルが高いので、悪しからず。

 

おわりに

 

以上「地方築古アパート4年を振り返って、ワースト3位の事件簿」でした。

 

思いつくままに書いてみましたが、不運は続けて起きるものですね。w

良し悪しは平等にやってくる、大学時代の先生の言葉を思い出しました。

 

酸いも甘いも、どんどん経験していければ。

それでは、また。

 

プレゼント特典‼ 動画視聴で35万分を貰っちゃおう

新NISAを学べるバフェッサ無料講座!!
メアド登録するだけで35万円分相当の特典が貰えるので、お忘れなく。
2倍速でも確認できるので、投資に興味のある人はご確認あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です