Axie(アクシー)のリステーク7日間の実績、リステイクで再投資

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

GameFiの先行事例として、上手く軌道に乗っている、Axie(アクシー)。

約10万円に相当する暗号資産(仮想通貨)AXSを、エアドロで貰ったこともあり、AXSをステーキングしてきました。

 

ちょうど、1週間が経過したので、7日後のステーキング報酬と利回りなどを確認していきます。

得られたAXSを簡単に確認できるのと、再投資(リステーク)がしやすい!!

 

使いやすくて良いですね、簡単にまとめておきます。

とみます
この内容は「AXSのリステーク」についてです。

 

Axieのエアドロ給付金をステーキング!! 7日後の結果

 

前回、アクシーのエアドロ給付金として、10万円相当の暗号資産(仮想通貨)を貰ったので、一部をステーキングしていた。

>>稼いだAXSをステーキングする方法・売却方法

 

あれから、ちょうど一週間後のスクショを取ったので、ここで報告しておこう。

Axie211009-1

引用…https://stake.axieinfinity.com/

 

お、

  • 0.2753 AXS

と、表示されており。

 

いつものように、コインマーケットキャップで確認すると↓

Axie211011-1

引用…https://coinmarketcap.com/currencies/axie-infinity/

 

うひゃー。

あれから、大分上がった時期があったんだね。

 

今は、少し下がって、

  • 1AXS=1.3万円

ほど。

 

ざっと、

  • 0.2753 AXS × 1.3万円 = 3500円

ほど(*´▽`*)。

 

おー。ボチボチ。

利回りを計算すると、約10万円をステーキングしているから、週利回りで、3.5%ほど。

→月利で、3.5%×4週間 = 14%。

→年利で、14%×12カ月 = 168%

 

ひゃ、すごい数字に。

表示された利回りを、今のところ、達成しているのがスゴイね。

 

その分、リスクは高いものの…

もっと増やしたくなってしまうのが、人間の性で。w

 

AXS再投資でリステーキングしていく

Axie211009-2

さきほどの画面には、

  • Restake (リステーク; 再投資する)
  • Claim (請求; AXSを回収する。)

の2択を選択でき。

 

まあ、貰った給付金なので、どんどん回していくことに。

リステーク? リステイクを選択した。

 

シンプルな表示項目で、見やすいね。

また、時間が少し経つと、ステーキング報酬を確認できるのが、安心で。

ユーザー視線で開発されているのが、とても好印象(*´▽`*)。

 

また、最近では、運営元は、AXSを売るのではなく、資金調達を実施。

AXS自体がまだまだ伸びると、ヤバそうね。

 

Axie(アクシー)が伸びそうな背景

 

ちょうど、公式より進捗報告がなされた。

>>October Development Update

 

なかなか順調に開発されている模様。

土地機能のリリースが待ち遠しく。

 

一方で、ユーザー数も増加傾向にある↓

Axie211012-1

引用…Daily active players has crossed 2 million!

↑毎日のアクティブプレイヤー数は、200万人を超え。

活動的なユーザー数が増えれば、増えるほど、コミュニティは活性化され。

エコシステムが回り始めているのよね。

 

Axie211012-2

引用…Ronin hit a new record of  daily active addresses of 428,536 on October 4th!

 

↑Roninウォレットのダウンロード数も、同様に増加している。

アクシー開発元が、軌道に乗っていることもあり、MetaMaskより、自分らで開発した方が良いんじゃね?

ということで、開発された独自ウォレット。日本語の浪人(ろうにん)から来ているそうで。

 

これに、

  • Ronin Dex (Decentralized Exchange)

と呼ばれる、取引交換機能も実装されているそうで。リリース間近?

 

ステーキング機能を開放した時の、AXS価格の上昇があったから、

今回の、Dexリリースにも注目していければ。

 

おわりに

 

以上「Axie(アクシー)のリステーク7日間の実績、リステイクで再投資」でした。

 

稼いでいるプレイヤーだけでなく、古参の投資家? プレイヤーにもアプローチしたのが先週で。

今後は、金融(DeFi)の機能を拡張していく模様。

 

まだまだ興味を持ってくる人が増えてきそうな予感。

引き続き、注目していければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です