米国VIベアETF(SVXY)の一部を利確、残りの含み益状況

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

確度を上げるために、テクニカル分析を実践中です。

今回は「S&P500」に対してです。

 

以前として、強い値動きを示していますが…。

また、私なりの、利益の出し方を、サクッとまとめました。

とみます
この内容は「S&P500×米国VIベアETF」についてです。

 

S&P500の日足チャート

svxy180722-1

引用…サクソバンク証券

今週の値動きも強かった。

第一目標の「2,800」を突破。

 

その後、少し調整。

今は、13日平均線(紫色線)を、下に目指すような感じ。

 

仮に、下に突破したら、2つのシナリオを考えている。

  • 上昇気流に乗るパターン (①)
  • 抵抗帯(雲)に突入するパターン (②)。

 

んで、どう利益にするかだけど…

 

S&P500に連動するのは

 

簡単にいうと、「S&P500」は、米国株×500銘柄の平均。

「S&P500」を買うとなると、手堅く、アメリカの企業に投資するようもの。

 

んで、この「S&P500」に連動するものとして、

 

たとえば、ゼミメンバーのタクコロさんは、「eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)」というファンドを購入している。

>>16銘柄目は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

 

彼は、ここ半年で、資金「ゼロ円」から「50万円」の投資金を作り上げた。

「100円」から始める投資学を推奨している。

 

確かに、米国株に、少ない元手で投資できるのは、魅力的。

だが、今の私だったら、間違いなく「米国VIベアETF」を買う。

 

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) の機会損失

 

というのも、株価のトレンドは

  • 上がる →利益
  • 下がる →損失
  • 横ばい →利益なし

という3パターンしかない。

 

見落としがちなのが「横ばい」の時。

 

「カプランのオプションの売買戦略」に書かれた研究によると、株価の「66%」が「横ばい」とのこと。

確かに、過去のチャートを見ていると、トレンドがないときが多い。

 

(ちょうど今も、大きく見て、上昇トレンドを終えている。方向性が定まっていない。)

 

つまり、単純に「S&P500」に連動するETFを買っても、「66%」以上の確率で「機会損失」になるわけ。

 

そこで、なんとか「横ばい」の時に、利益を上がれないか、って考えたのがオプション。

幸いなことに、最近では、そのオプションに連動したETFが出ている。

 

これが、初心者にとって、優しいわけで。

 

米国VIベアETF (SVXY)を買え!!

 

何度も言っているけど、Prosharesの「米国VIベアETF (SVXY)」は、今が買い時。

>>【SVXY】米国VIベアETFとは

 

ポイントは、株価が「横ばい」であっても、利益が出るところ↓

  • 上がる →利益
  • 下がる →損失
  • 横ばい →利益

 

その理由は、オプションには「時間的価値」という因子があって、時間の売買ができるから。

何もなく、時間が経過すると、VIは下がるので、このベアは上がることになる。

 

「優位性のある取引」なんだわさ。

実際、私は、合計「195枚」を購入し「内60枚」を利確した↓

 

米国VIベアETF (SVXY) の一部を利確

 

米国VIベアETFの日足チャート↓

svxy180721-1

引用…GMOクリック証券CFD

S&P500のボラティリティ(変動率)が大きいところで、極力、エントリーするようにしている。

んで、今回、少し高値? で買った所を、60枚利確。

 

左のピンクのレ点2つがエントリーで、最近、上がってきたので、利確した。

今回の利益的には「数百円」だけど、含み益はこんな感じ↓

svxy180722-2

 

+9,601円。

なかなか悪くない。

 

現状の建玉数は「135枚」。

証拠金でいうと、約11万円。

(証拠金に対する利回りは+8.84%)

 

最初は、枚数を少なくして「5枚」でエントリー。

その場合で「4,000円」くらいの証拠金が必要。

 

4,000円を投資できない人は、やらないでね。

 

んで、ロスカットレートは「7円」にしている。

おそらく、今年2月のVIXショックを見ると、余程のことがない限り「10円以下」は、行かないと見ている。

 

下がったら買い増し戦略で

svxy180722-1

引用…サクソバンク証券

んで、話を戻そう。

この米国VIは「S&P500」の値動き/ボラティリティに連動する。

 

直近でいうと、少し下がりそうな感じがする。

仮にそうなった場合、米国VIベアETFも、下がるので、そこで買いエントリーを検討し始める。

 

(実際、そうやって、買い増ししてきた。)

 

②のパターンが理想的だけど、まあ、どこまで下がるかは、わからない。

その辺は柔軟に対応していくことで。

 

直近のチャンスが来ていることを、肌で感じつつ。

それまでに、口座を開設し、いつでも買えるようにしておいてね。

>>GMOクリック証券CFD

 

VIX系ポジション

 

中級者向けに、念のため、今のポジション。

  • 米国VI ノーポジ
  • 米国VIベアETF 買135枚
  • 米国VIブルETF ノーポジ

 

仮に、大きく下がれば、米国VI売りも仕掛けるように、証拠金に余裕を持たせている。

 

おわりに

 

以上「米国VIベアETF(SVXY)の一部を利確、残りの含み益状況」でした。

 

今年、11月には、トランプ氏の中間選挙が行われるので、何かとボラティリティは上下しそうです。

あるいは、株価をひたすらに上げてくるか…

 

どちらに動いても、利益を出せるように、今のうちに準備を進めていきましょう。

気長に期待です。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「636名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

米国VIベアETF(SVXY)の一部を利確、残りの含み益状況” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ポケットにお金が入る方法がうまくいってますね!しばらく、低リスクゾーンで、回せると楽かもしれないですね!

    1. とみます より:

      えぇ、ビギナーズラックに、とても優しいですよね(*´▽`*)!!
      教えて頂きありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です