暗号資産CFDトレード、42日間後のレバレッジ手数料は…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

BTCが高値を更新。

PayPal決済のファンダメンタルズな意見が多いですが、週足チャートを見た人の、買いでは。

 

今回、暗号資産CFDを利用したが…

レバレッジ手数料がキツく。

 

簡単にトレードを振り返ります。

とみます
この内容は「暗号資産CFDは資産運用に向かない」についてです。

 

BTC/USDロングのその後

 

前回、ロングポジションのレバ手数料がキツイと書いた。

>>SBIの暗号資産CFDのレバレッジ手数料がジワジワ…

 

あれから、

高値を更新し、1つの節目まで? 到達したようにも。

 

そこで、半分だけ、利確することに。

結局、レバ手数料はいくらかかったのか。

 

0.03BTC/USDを42日間ロングした場合のレバ手数料

SBI-crypto-cfd201022-1

引用…https://www.sbifxt.co.jp/advantage/cfd_index.html

 

当時のエントリー↓

  • 0.03 BTC/USD×2
  • 2020/9/10 ロングエントリー

 

現在↓

  • 2020/10/22時点でのレバ手数料は、-567円。

 

割ることの、

  • 1BTCあたり、/0.03
  • 1日あたり、/42
  • →450円!!

 

あへ。

当初、記載されていた金額よりも、60円ほど高く。w

 

暗号資産CFDは常時運用に向かない…

 

今回のトレードをまとめておくと↓

  • 元手30万円
  • 利益8266円 (表面利回り+2.7%)
  • 内、レバ手数料567円 (利益に占める割合:6.8%)
  • 実質利益7599円 (実質利回り+2.5%)

 

んー、

手数料高っ。w

(なんか日経225オプション取引に近い感じの利益と手数料に。)

 

今回、週足のチャートがハッキリしてたから、エントリーしたけど、

なかなか思い通りに行くことは少ないからねぇ。

 

今回、上がったから良かったけど、

日に日に増えていく、レバ手数料を見てたら、嫌になりそうな。(泣)

 

まだまだ暗号資産CFDは、常時運用に向かないわね。

価格競争→手数料の汎用化が進めばいいけど、まだまだ時間はかかりそう。

 

これなら、

FXや指数CFDとかの方が、手数料が低く、時間負けしない。

 

ペーペーな私には、

暗号資産トレードのハードルは高いか…

 

ここは大人しく、現物だけのトレードで。

 

おわりに

 

以上「暗号資産CFDトレード、42日間後のレバレッジ手数料は…」でした。

 

残りのBTC/USDロングポジションは、もう一つの高値超えに期待しつつ。

ただ、暗号資産CFDは、ボラが高い故に? 手数料がきついので、環境の整っているFXや指数CFDの方が良いですね。

 

今回の気付き: テクニカル分析は使えるけど、トレード環境は付いてきていない。

堅実な運用を続けていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「103名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です