BTC&ETHはどこまで下がるのか

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

暗号資産BTCが安値割り、

さらに、ETHはもう一段階下げており。

 

どこまで下がるんでしょ。

各通貨の週足チャートを確認していきます。

 

2022年のこれまで

 

今年の初頭に掲げたシナリオは、

  • BTC/USD、日足移動平均線200日線を下回り続ける展開に。再度の暗黒時代へと突入し、稼げないNFTゲームとクランは、地下労働施設と化す。

>>2022年の目標と大胆予測?

 

まさか本当になるとは。w

割と防御力高めで、今の相場を眺めている。

(年始にマイナーなコインやDeFi運用を始めたが、すでに引き上げ済み。)

 

2017年の痛みが、テクニカル分析を真面目に勉強するきっかけになったので。w

チャートは、市場参加者の思惑を反映しているので、

  • どこのラインを抜けたらヤバいのか、

などの情報を得ることができる。

 

トレードをする上で欠かせない分析なんよね。

テクニカル分析の基盤の上に、ファンダメンタル分析が乗っかる感じ。(→ファンダメンタル分析だけでは、中身がスカスカで、いわば、砂上の楼閣。)

 

今、BTCおよびETHが、安値を割ってしまっているので、どこまで下がるのかを確認していこう。

 

BTC/USDの週足チャート

BTC220612-1

引用…XMのMT4

 

BTCは、28000~31000ドルを割ってしまい。

以前に片足を踏み込んだ領域に、再び突入した形となり。

 

次のサポートラインは、

  • 18600ドル

辺りか。

 

買い手がいない(買う根拠がそのラインまで無い)ので、到達するかもね。

BTCは、20000ドル辺りから、購入を検討するくらいで、気長に待つことに。

 

一方で、ETHは↓

 

ETH/USDの週足チャート

BTC220612-2

引用…XMのMT4

 

ETHの方が、もう一段階下げており。

 

すでに、

  • 1700ドル

のホリゾンタルラインを下に抜け、

  • 1300ドル

のサポートラインまで到達しており。

 

ちょうど今は、

  • 反発狙いの新規買い
  • 売り勢の利確決済買い

があるので、値動きが滞っている模様で。

 

このまま反発する可能性も高いので、

少しだけ、ETHを買っておいた。

 

十分に余力を残しつつね。

仮にもう一段階下げた場合は、いよいよ、1000ドルを切ることになるだろう。

過去には100ドルを切ったこともあるので、最悪、それくらいまでを事前に想定しておこうかー。

 

おわりに

 

以上「BTC&ETHはどこまで下がるのか」でした。

 

チャートから、市場参加者の大衆心理を読み取り、

次の買いと売りが密集するところで、エントリーしていければ。

 

基本は、現物の買い戦略なので、

  • ここまで下がったら買う

ラインを、事前に決めておこう。

 

ちょうど今はETHの買いタイミングで。

近い将来、上昇に転じることに期待しつつ。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です