7196/Casa(カーサ)の事業説明会「コロナの影響は?」

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

家主ダイレクトで有名な保証会社「Casa」。

4/30の事業説明会をCasaのサイトで確認できます。

 

気になるコロナの影響は?

簡単に、チェックしていきます。

とみます
この内容は「Casa」についてです。

 

みんなの運用会議でCasaが紹介

 

というアプリを入れて、サイト更新があると、直ぐにチェックできるようにしている。

(RSSフィード。)

 

その中の1つに、

 

日本株の評価に特化したサイト。

めちゃくちゃ内容が濃ゆい。

 

運営元は、

  • 株式会社 リンクスリサーチ

で、約1年前に、代表の小野さんに。

>>リンクスリサーチの小野さんに。「成長企業の長期投資」とは

 

んで、今回、

  • Casa (カーサ)

がピックアップされていたので、簡単に確認していく。

 

7196/Casa(カーサ)の事業説明会

 

7196/ Casa(カーサ)とは、

  • 家賃債務保証事業

を行っている企業。

 

実は、去年購入した1号アパートの管理を

  • 自主管理にするか
  • あるいは、客付けの強い不動産業者の管理にするか

に悩んでいた。

(結局、後者を選んだが。)

 

仮に自主管理にする場合は、

  • Casaの家主ダイレクト

を検討していた↓

Casa200506-1

↑ちょうど今年4月、民法改正があって、連帯保証人の上限額掲示など、ポイントが分かりやすく。

 

んで、最近のコロナ影響もあり、保証会社の動向が気になっていたところ。

>>7196 Casa 新型コロナウイルスの影響を最小限に抑え、万全を期す

 

最近(4/30)に、

があったので、早速、内容を確認。

 

ポイントを↓

  • 賃貸マーケット市場/ 入居者申込状況が55%に。←うん、現場のヒアリング通り。ヒドイ所だと、8割減だとか。
  • に対し、Casaは、90%。(前年比-10%)。←これは、Casa自体の代理店社数と申込件数が増えたため。成長企業なのでコロナ影響が薄く見える。
  • Casaのビジネスモデルは、安定したストック型モデル。
  • ↑2019年の売上高45%が年間保証料。(残りの売上55%は、初回保証料)。
  • コロナ/滞納発生に大きな変化なし。
  • 無借金経営。現預金28億円。さらに、目先の悪化に備え、40億円の借入枠を確保済み。

 

コロナに対し、入居付けには、影響が出ているけど、滞納には影響なし。

1号アパート通りで。w (ミクロ→マクロ視点でも、あながち合っている。)

 

にしても、このビジネス、強いな。

しかも、迅速な情報開示。これは、人気が出そう。w

 

ってことで、

で、とりあえず、1株注文を。約1000円くらい。

監視するにも使えるね。

 

Casa(カーサ)のリスク

 

みんなの運用会議を参考にしつつ、自分でも考えてみる。

  • 家主ダイレクトが上手く行かない。←私みたいな小規模な家主をターゲット層にしているので、手間と時間がかかる。想定通りに進むかどうか懸念。
  • コロナ+???で経済環境の悪化。←想定外のクラッシュが起きて、家賃を払えない人が続出する。←Casaの保証する機会が増え、お金の出が多くなる。

かな。

 

まあ、リスクは付き物ということで。w

 

おわりに

 

以上「7196/Casa(カーサ)の事業説明会「コロナの影響は?」」でした。

 

家の中で事業説明会などを見れると、最高ですね。

また、大家による賃貸管理のIT化なども、とても魅力を感じつつ。

 

次の物件は、家主ダイレクト。

ありかもしれない。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「87名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です