コロナで投資マンション業者の動向は? 予定通り残1区分を売れるのか…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

コロナウイルスが市況に影響を与えているが、不動産はどうなのか。

投資マンション業者に、早速、問合せると…

 

相場通り、残1区分を売却できるのか?

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「投資マンション×コロナウイルスの影響」についてです。

 

予定通り、残1室中古ワンルームマンションを売却できるのか?

 

去年の資産運用の続き。

>>2019年の振り返り「今年は不動産の年」

 

残りの区分マンションの保有期間が、

  • 3年

を過ぎたので、現在の買取価格を業者に確認。

(あまりにも短いと、銀行手数料が高く付くので。利益が出ると、税金は5年以内で高いけど。)

 

去年の夏の時は、

  • 1670万円

と言われていたが…

 

そこをナントカ、

  • 1750万円

で、お願いしていた。

 

んー、

  • 上司に相談してきます

で、翌日。

 

とその前に、今現在、

  • コロナウイルスの影響が売買動向にあるかどうか

を聞いてみた。

 

20年3月末の都心投資マンション業者の売買動向

 

結論から言うと、

  • 例年通り

とのこと。

 

まじか。w

  • コロナで、投資家心理は下がり、売買動向は減っている

と思ったけども、予想は大外れ。w

 

さすが、大手の投資マンション業者。

あっぱれ。

 

不動産は、株と違って、動きが遅いのかもね。

んで、

 

このまま、今ある薬で

  • コロナウイルスを治療することができなければ、早くて1年~1.5年かかる

と見ている。

 

というのも、新薬の場合、

治験や数千人の検証後に、市場に出回るので、とにかく時間がかかるらしい。

 

なので、

今ある薬を組み合わせて…などで、ポンと解決しない限りは、1.5年くらいかかると見ている。

 

今は、ピークの位置をずらしているだけだし、(あるいは、人口の6割が感染し、抗体ができるか。)

中国があれだけ患者数がいて、色々検証して、既存薬が見つかっていないわけだから。

 

ってことで、気長に行くことに。

そのためにも、チャンスが来た時に備え、借入金を減らしておきたい…

(一方で、インフレ施策で投資マンションが暴騰するかもしれないが。w)

 

売却価格は約1720万円…

 

結果、

  • 1720万円

とのこと。

 

んー、

目標額に達せず。(泣)

 

が、まあ、東京カンテイで調べて、

概ね、相場から外れていないことから、

  • 売却する

ことに。

 

買い入れ価格よりも、約70万円ほど、低くなったが、

今の残債が、約1650万円。

 

売買時の手数料を込み込みで、

ちとマイナスくらいね。

 

トレードで言うと、

ゼロカットに、近い感じ。

 

まあ、目的が、来年までに、

  • 経済的自立 = 資産収益 > 支出23万円

なので、区分だと、火力が無く。w

 

もう1棟を仕込むための、準備段階よ。

ってことで、ここで、大きく資産調整を。

 

おわりに

 

以上「コロナで投資マンション業者の動向は? 予定通り残1区分を売れるのか…」でした。

 

逆に、業者の自信の現れが不安になりますが。w

建築系は、影響の出る期間が、早くて1年~なので、2023年くらいに、買い時が来るかもね。

 

あるいは、それまでに、条件を満たす一棟モノを見出すことができれば。

市況に左右されない、盤石な資産耐性を整えていく。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「71名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です