暗号資産の価値とは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

暗号資産の価値とは。

一度、考えてみると、なかなか回答が難しく。

 

少し、深堀りしていこう。

 

暗号資産との出会い

 

暗号資産(当時は仮想通貨)を始めたのは、2016年。

きっかけを忘れてしまったが、新しい金融システム? に興味をもっていたからかな。

 

こういう時こそ。

当時のブログを確認してみよう↓

>>3-49 仮想通貨は信頼できるのか?

 

2016年に、サトシナカモトの論文を読んだけど、さっぱりだったね。w

ここには、

  • デジタル署名のつながりとして仮想通貨を定義する

みたいなことが書かれていて、

  • 各々の認証が鎖のようにつながって、通貨としての価値を担保されるといったところかなー

と、自分の感想が。

 

あながち、合っているのか。

むしろ、当時の私の方が詳しいのかも。w

 

今となっても、説明が難しく。

また、当時は、

  • electronic coin (電子コイン)
  • virtual currency (仮想通貨)

という表現をしていたんだね。

 

確か、国のお偉いさん達が定義して

  • crypto currency (暗号資産)

と決まったから、それに準じている次第で。

 

改めて、暗号資産の価値を考えてみよう。

 

暗号資産の価値とは

 

最初に出てきた言葉は、

  • 人が信じているから

 

結局、今の価格は、

  • 人が、その価格で売買していいよー

の攻防を繰り返し、価格が推移してきた。

 

当時は、10万円だったBTCも、今は450万円。

時代が進むにつれ、暗号資産の価値を認め、高値で売買する人が増えてきたんよなー。

 

ただ、個人的に、暗号資産も、円も、同じ認識でいる。

  • 円は、国家やその中央銀行によって発行された、法定通貨

であるものの、

 

私が生まれた時には、すでに、

金本位制(金と等価)が終わり、変動相場制として扱われており。

 

人間(経済)の都合で、紙幣を刷ったりできるから、むしろ、信じにくい印象で。

(→だから、インフレを掲げる政策に対して、不動産とかが良いわけで。)

 

一方、暗号資産は、

ブロックチェーンという台帳システムを導入することにより、

取引を改ざんできないので、より信頼しやすい?

 

結局のところ、通貨は、

  • 物々交換だと不便だから、それに変わる便利な道具

くらいなもの。

 

  • 人がその価値を認めているから、その価値なのだー

という、フニャフニャな回答で。w

 

  • その国?
  • そのゲーム?
  • その世界? ネットワーク?

で、自分が欲しいものと交換できれば、それでOKということで。

(今は、そのネットワークが乱立しているが…)

 

誰か、良いアイデアあったら、教えてください。w

 

BTC/USDTの週足チャート

BTC220310-1

引用…https://www.binance.com/en/trade/BTC_USDT

 

↑ついでに、BTCのチャートも載せておこう。

通貨含め株式や商品なども、人の意図によって、売買されるので、

大衆心理を、チャートから読み込む作業が必要。

(誰が見ても分かる線をシンプルに理解するだけ。)

 

ちょうど今、意識されている線は、緑色の週足99日平均線。

そこで、反発しているので、まだ長期保有している人たちが多いなと。

(むしろ、買い判断がされている。)

 

一方で、ここを下に抜ければ、一旦、手放す人も多いので、ガクッと下がるかもね。

その時に、対処するかどうかを検討するくらいで。

 

どーんと構えて、クリプトワールドを楽しんでいきましょ~。

 

おわりに

 

以上「暗号資産の価値とは」でした。

 

昔のブログの読み返しも良いですね。

当時の私は、値上がり重視でしたが。w

 

まだまだボラティリティ(変動率)が高い暗号資産なので、これから始める人は、十分に気を付けてほしいものの。

この世界観? 経済圏が、どのように現実と融合していくかを楽しつつ。

 

それでは、また。

とみますん家

読者の投資活動を応援!!
先着100名様にオリジナルNFTをプレゼント中!!
このNFTを持っていると、毎月、軍資金を貰えるチャンスが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です