【22年03月】日経オプション取引結果「+23,900円」(月利+1.8%)

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

03月のSQ日が過ぎました。

負けなし記録28か月目への挑戦。

 

今回は、計2回のエントリーです。

 

この内容は、中~上級者向け。

初心の投資家さんは、スルーして下さい。

とみます
この内容は「日経225オプション取引の運用レポ」についてです。

 

日経225オプション取引×はじめに

 

私なりの運用方法を、簡単に↓

  • 証拠金(元手)130万円。(60万円から始めて、徐々に資金を入れてきた。)
  • 月利1.0%」が目標。証拠金や時間に余裕があれば、トレード回数を増やす。
  • 売りを仕掛けるので、初心者にはおススメできない
  • カプランのオプション売買戦略」を読んで「独学」 (ここ数年間、数種のスプレッド取引を検証してきた。)
  • 自分に合った取引を見つけること (「Myルール」へ落とし込み中…)

 

簡単にいうと、

  • 日経平均株価がどこまで行かないか

を予測し、月数回の取引を行うトレード検証している。

 

会社員という属性を生かし、

日足→4時間足チャートを見て、タイミングが来たらエントリー。

 

タイミングが来なければ、無理に、ポジションを持たない。

そうすることで、利益は小さいが、勝率が高い?

 

あと、売りのポジションを失敗すると、死ぬ。

追証(おいしょう)と言って、追加資金が必要になることも。

 

市況の読みと、リスクをコントールできるように、鍛錬しながら。

 

日経225の環境認識

 

まずは、日経225の日足チャートを見ていこう↓

 

nk225の日足チャート

nk225option_220312-1

↑ようやく、レンジ相場を抜け。

直近の狭い範囲で見れば、高値と安値を切り下げており、下降トレンドを形成し。

 

ロシア戦争の出来事もあって、ボラティリティは増えてきた。

当時、ショックが起きる前に、2つのスプレッドを組んでいたが…

>>2022/02/16 nk225コールレシオのエントリー

>>2022/02/18 nk225プットレシオのエントリー

 

かなり外側のアウトザマネーだったので、特に怪我することもなく。

SQ日となり、スプレッドのプレミアム価格差異がそのまま利益に。

 

また、途中、ロシアショックに対し、追加でエントリーしようかとも悩んだが、リスクを鑑みて、見送った。

目標とする利益を得れば、まあ、ムリはしなくて良いだろうと。

 

今回のスプレッドの詳細を↓

 

①バーティカル・コール・レシオ・スプレッド

2/16 03月-C29625 売 17円×2枚 +33,560円 3/11 消滅 0円
2/16 03月-C29500 買 22円×1枚 -22,220円 3/11 放棄 0円

小計 +11,340円

エントリー時の状況は、先出しで発信している。

>>2022/02/16 nk225コールレシオのエントリー

 

高値と安値を割っていることを根拠に、上値は重いと判断したが、

案の定、その通りの展開となり。

 

ロシアショックの前から、

下降トレンドを形成していたので、それに従った感じだね。

(ロシアショックは後付けな理由な気がする。)

 

  • トレンドは、継続する

というダウ理論の1つがあるように、チャートから心境を読んでいれば、戻しのコールショートは取りやすかったかと。

 

②バーティカル・プット・レシオ・スプレッド

2/18 03月-P21500 買 27円×1枚 -27,220円 3/11 放棄 0円
2/18 03月-P21000 売 20円×2枚 +39,780円 3/11 消滅 0円

小計 +12,560円

>>2022/02/18 nk225プットレシオのエントリー

 

陰線が大きく伸ばしたところで、早めのエントリー。

SQ日までの時間が長いこともあって、かなり遠めのスプレッドを組んだ。

 

結果から言うと、もう一段階、内側のサポートラインでも良かったものの、途中の下落では含み損になっていただろう。

やはり、含み損と今後下げるかもしれない、という精神的な負担は抱えたくないので、これが自分にとっての正解だったかなと。

 

それこそ、内側のサポートラインで、追加でエントリーすることも考えたが、

これまでのショック級の下げのスピードは速いので、見送った。

 

今回は、良かったものの、プットショートには十分に気を配りつつ。

 

’22年03月の運用成績

 

  1. バーティカル・コール・レシオ・スプレッド、+11,340円
  2. バーティカル・プット・レシオ・スプレッド、+12,560円

合計 +23,900円。

 

元手130万円に対して、月利+1.8%。

バンザーイ!! 目標の1%を達成(*´▽`*)。

 

これを継続させていければ。

今年も成績を残していこう↓

 

’22年の日経225オプション取引成績

 

これまでの損益↓

  • 2019年 -26万円。
  • 2020年 +33万円。
  • 2021年 +22万円。

 

2022年↓

  • 1月、+23,120円 (+1.7%)
  • 2月、+13,560円 (+1.0%)
  • 3月、+23,900円 (+1.8%)

今年の通算は、+61,580円。

 

このペースで増やしていきたいところ。

ただし!! コツコツドカンに気を付けつつ。

 

最後に、次のSQ日までの相場感を↓

 

’22年3月SQ日までのnk225相場感

nk225option_220312-2

↑日足チャート。

来月の第2週金曜日(SQ日)は、4/8と、期間は長い。

 

いつものように、3つのシナリオを。

  • ①前高値を目指していく。→上値は重いと見ているので、戻しが起きたときは、プレミアム価格を見つつ、アウトオブザマネーのコールショート狙い。
  • ②サポートラインで反発するものの、高値を更新できない。→トレンドを継続しているので、これくらいの推移になりそうかな。やはり、これも戻しでコールショート狙い。
  • ③もう一段階、下げる。→日足だとサポートラインの根拠を確認できないので、週足を確認しつつ、エントリーするなら、遠めのプットショートを狙う。

 

ってな感じ。

相場に臨むなら、原資産nk225のチャート分析は必ずね。

 

日経225オプション取引の始め方

 

念のため、始め方↓

  1. 証拠金「60万円」の用意 (目安)。
  2. オプション口座を開設する。
  3. カプランのオプション売買戦略を買って、組合せ(スプレッド)戦略を学ぶ。

 

カプランの売買戦略は、実践的な内容が多く、付加価値が高い。

が、値段も高い。中級~上級者向け。

 

証券会社は、取引手数料の安いところで。

 

チャート分析は、XMのMT4を使用している。

>>XMで2回目の30ドルゲット

 

チャート分析の基礎理論は、100円で。

>>一生使いたいトレード理論

 

おわりに

 

以上「【22年03月】日経オプション取引結果「+23,900円」(月利+1.8%)」でした。

 

2019年の12月以降、損失が無く。

負けなし記録は、連続28か月に。

 

金融世界でのバトルロワイアル。

負けないことをモットーに、生存ムーブを継続していければ。

 

どこまで伸ばせるかを楽しみながら。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です