渋谷区神泉エリアの開発用地!! 天空率で5階→9階建てに可能!?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

COZUCHI(コヅチ)から、また新しい物件が出てきました。

神泉エリアという一等地の、開発用地プロジェクト。

 

既存の5階建てを、天空率を適応させることで、9階建ても可能だそうで。

まずは、解体→更地→建物許認可までの案件です。

とみます
この内容は「神泉の開発用地」についてです。

 

神泉駅から徒歩3分!!

 

COZUCHIからのお知らせが。

前回の六本木は、年利35%くらいで決着予定で、今、注目を集めている。

 

今回の物件は…

  • 【キャピタルゲイン重視型】インカムゲイン0.1%+キャピタルゲイン5.4%

>>「神泉」駅から徒歩3分にある店舗付住宅等の開発用地

 

とのことで。

利回りは低いものの、利益が上振れした場合は、投資家にも配分されるので、この数字は、参考までに。

 

今回の物件も、COZUCHIらしく、

めちゃくちゃ面白い↓

 

フェーズ①の更地でも売れる可能性がある

 

今回のは、解体→更地→建築の許認可を取得するまで。

shibuya211101-3

↑今建ってる建物を解体して更地化し、建築の許認可を取得するまで。

配当原資の運用終了後、ファンドからTRIAD(会社)が再度買い取る形でキャピタルゲインとして払われるそうで。

 

フェーズを分ける理由として、

  • フェーズ①でも売れる可能性があるから。→状況に応じて判断できる。
  • 投資効率が良いから。→最初から①②一緒に集めると、たとえば、建物解体中に建築費を集めるのは、事業コストが上がる。預かったお金を使わないのに、配当などのリターンはキツイ。

と、理解した。

 

天空率で5階→9階建てに!!

 

今回の土地は、80坪を超える。

さらに、天空率を用いることで、9階建て27mの高さまで、建設できるそうで。

shibuya211101-4
天空率とは、

  • 建物と空の比率で判断し、ある位置から建物を見たときの全天に対する空の面積の比率

のこと。

 

これまでは、斜線制限と言って、太陽の光や風を確保するために、適当に斜め線で建物をぶった切る必要があった。

そのため、古い建物は、とんがりコーンのような建物が多く、床面積を十分に確保できていないことが多い。

 

そこで、2002年の建築基準法改正によって、天空率の適応が可とされ、

今回のように、建築プランを考慮することで、9階建て27mの物件が建築できるらしい。

 

へー。

かなり勉強になるね。w

不動産投資の知識は、大きな収益に直結するから、モチベを維持しやすく。w

 

んで、もちろん、この場所は、

  • 絶対高さ制限
  • 日影規制
  • 高度地区

などの制限がなく。

 

渋谷の都心エリアにもかかわらず、神泉エリアは、古くからある低層の不動産が多く…

先駆け的に、9階建ての高層を見れるかも?

(神泉行ったときに、あの物件、投資してたんだぜーって、ドやれるやん。w)

 

ってな感じ。

ちなみに、フェーズ①に出資すると、フェーズ②の優先出資を検討しているそうなので、興味がある人は、数万円でもお金を入れておくと良いかもね。

 

おわりに

 

以上「渋谷区神泉エリアの開発用地!! 天空率で5階→9階建てに可能!?」でした。

 

田舎地方の場合、建物の高さをあまり意識することは無かったが、渋谷区になると、話は別ですね。w

天空率という新しいキーワードを知ることができ。

 

募集開始は、明日! (11/3) 見逃すな~

>>COZUCHI

(直ぐに売り切れになるので、事前の会員登録を!!)

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です