家賃が実る家「Minoru」とは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

FUNDINNO(ファンディーノ)から、メールが。

住×Techの融合「借りながらマイホーム」。

 

家賃で、家が買えるのか?

簡単に確認していきます。

とみます
この内容は「Minoru」についてです。

 

FUNDINNO第123号「Minoru(みのる)」ファンド

fundinno-minoru200325-1

  • 20年4月5日 10:00~

から、ファンドの申込が始まるそう。

 

FUNDINNO(ファンディーノ)案件、第123号。

不動産やファンドに投資していることもあり、少し気になったので、簡単にナナメ読みを。

 

パッと見た感じ、

上手く行かない感じがしたが…

 

ポイントをチェックしていこう。

>>FUNDINNO

 

家賃を払い続けることで“マイホーム”

 

  • 借りながら持ち家にできる、譲渡型賃貸住宅サービス。
  • ユーザーは、スマホ上で、家をプランニング。
  • 新築を建築後、一定期間家賃を支払うことで、最終的にマイホームになる。

 

ん?

どういうこと?

 

詳しく見ていくと↓

  • ユーザーと投資家(オーナー)をマッチング。
  • 2者間で譲渡予約付きの賃貸借契約
  • 投資家は、平均利回り7-8%。
  • 家賃の下落リスク、空室リスクが低減。

 

なーる。

投資家たる存在があるのね。

 

建築前に、ユーザーと投資家とが締結することで、Minoruが成立。

fundinno-minoru200325-2

 

うーん、

パッと見、ユーザーは高く付きそうだけど…

 

そこで、

  • 全てインターネット上で済ませること

で、受注コストが安くなるそう↓

fundinno-minoru200325-3

 

建設プラン時の対面も無し。w

逆に不安になるが、今の時代、スマホで家が建つものと理解した。w

 

確かに、自分で

  • 立地
  • 間取り
  • 内装や外装

を選べるのは、面白そうね。

 

ターゲット層は、

  • 現在の住宅ローンでは対応できないユーザー。

 

まあ、

今は、超低金利の住宅ローンがあるから、

属性のある人は、あえて「Minoru」を使うことは無いわな。

 

あと、気になるのが、今後のマイホーム需要。

あくまで、自分視線だけど、そこまで新築にこだわる必要はないような?

 

去年、戸建てを買ったけど、土地値で買えるからで。

(+DIY修繕。)

 

今後、この会社が

  • 潜在層

に、どうアプローチしていくかがポイントかと。

 

順調に、会員数を増やし行けるのか?

たまに確認していければ。

 

おわりに

 

以上「家賃が実る家「Minoru」とは」でした。

 

今回は、ワクワクが薄く、そこまで伸びしろも感じなかったので、見送り。

今後、個人の金融リテラシーが養われて、不動産の知識も増えていくんじゃないかな。

 

となると、

そもそも建築費用の掛からない、中古住宅をリノベーションする動きが活発しそう。

 

なので、今は、リノベの方に、粛々と目を凝らしつつ。

まあ、新ファンドの募集情報は、時代の動きを表すので、抜かりなく。

>>FUNDINNO

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「70名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です